超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年06月24日22:04

死の物語

ここん所、実に色々とあったりした。それは、思いのほか別れが続く日々だったりもした。まぁ、何しか、事故を起こしてしまいまして・・・幸いにも、相手方もオレも軽傷で済み、不幸中の幸いと言えるかも知れない。(事故を起こした事自体は、ダメな事だけれども。)そうそう。色々とご心配おかけしました。あと、色々心配してくれた皆々様にも、ついでに感謝しておきます。でも、その裏で、オレの愛車だった「ひろみつ」君はひっそ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死の物語
2012年06月24日22:04      cat  :  気分
ここん所、実に色々とあったりした。

それは、思いのほか別れが続く日々だったりもした。

まぁ、何しか、事故を起こしてしまいまして・・・幸いにも、相手方もオレも軽傷で済み、不幸中の幸いと言えるかも知れない。(事故を起こした事自体は、ダメな事だけれども。)

そうそう。色々とご心配おかけしました。

あと、色々心配してくれた皆々様にも、ついでに感謝しておきます。

でも、その裏で、オレの愛車だった「ひろみつ」君はひっそりと亡くなってしまった。俗に言う、廃車だ。

もうかれこれ8年も乗ってた・・・らしい。何気に、嫁と出逢うよりも前からのお付き合いだった。

彼との思い出は、思いのほかに沢山あり、それこそ痛い表現を使えば、オレの少し遅れた青春を一緒にすごし続けたヤツだったと思う。

そうなんだよ。あれの時も、これの時も、それの時も、ずっと一緒だったんだよ。まぢで。

運転がへたくそなくせに、荒い運転する事がかっこいいとか勘違いしてた、初めの頃にぶつけまくったり、脱輪しまくったりの傷もたっぷりあった。しかも、それを板金ごと換えたりしなかったから、いつまでたっても、傷だらけだったし、仕事やらなんやら忙しくなると、すぐに洗車すらも怠るもんだから、随分と汚れてた時期が長かっただろうて。

今になると、もっともっと大事に出来たんじゃあないだろうかと、そんな事ばかり頭の中によぎる。

それでも、あいつは文句も言わずにずっとオレといっしょに居てくれたんだよ。

それを、オレの不注意で事故を起こして、廃車とは・・・

今日、廃車になる前に、車の中の荷物を取りに入って来た。

ホントに色んなものが出てきた。納車したばかりの頃に、西讃中のダイソーをはしごして手当たり次第に買い集めた「マメ」とか、卒業旅行の時に買ったエロ昔話本とか、ジンちゃんにサインを書いてもらった時のマジックとか、ブーと釣りをしてた時の釣り竿とか・・・

しみじみと思う。

もうこんな思いはコリゴリだ。

これで、もし誰かが命を落としていたら、どうなってたんだ。

事故なんてするもんじゃない。今回の件で、何よりその事が良く分かった。まぢで。

今日で、「ひろみつ」くんに会うのは最後だから、写真も撮って来た。でも、それはオレだけのもんだ。あんな無残な「ひろみつ」くんを誰かに見せるわけにはいかない。

そして、その裏で、もう一つの別れもやってきていた。

ここ数カ月ずっと調子が悪かった「千田」の命を終わろうとしている。

結婚前まで、実家のオレの部屋には、植物たちの楽園(と勝手に思ってた)「植種台」と言う場所があった。今の、植物集めの原点になるような場所だ。そこを作るきっかけになった、一番初めにやって来たサボテン。(嫁がプレゼントしてくれた)それが、「千田」だった。

「千田」とは、すごく仲良しで、「千田」はいつもいつも、太陽の方に伸びれば良いものを太陽に背を向けて、オレの居る方居る方に伸びてきていた。

そのあとに、「イモ太」や「ガジママ」、「ブニ男」などなど沢山植物といっしょに過ごすようになったけど、「千田」ほど仲良くなったヤツはいなかったと思う。

「千田」はやさしい奴で、それでいて男気のあるヤツだから、基本的に、調子が悪くなる時は、オレからは見えない方から体調を悪くしていく。いつも、見つけるのが遅れてしまうけれども、それでも、時間をかけて、元気になり続けていた。

「千田」は過去に一度、死にかけた事がある。

結婚して、今の家に引っ越す時だ。

もしかしたら、その時「千田」は、もう自分の役目は終わったと思ったのかもしれない。だから、静かに死のうとしたのかも知れない。でも、半人前の二人の生活はなかなか安定しなかったもんだから、「千田」も、もう少し手を貸してくれたんだろう。ホントに、奇跡的に復活した。

そして、今、実は、「千田」と出逢って2度目の変化の時に来ている。

「千田」は今度こそ、もう自分の役目は終わったと思ったような気がする。だから、静かに静かに死んでいこうとしている。オレは、それを認められなくて、捨てることが出来ないでいる。でも、「千田」がそう思っているような気がする。不思議と、「千田」が思ってた事は分かるような気がする。

ただのエゴだと言われればそれまで。別に、信じてもらわなくても良い。でも、「千田」の5年以上の付き合いの中で、今そう思うんだから、仕方がないんだ。

そう思った時、実は、「ひろみつ」くんとの別れも、似たようなものだったのかも知れないとさえ思うようになってきた。

今、頭の中では色々な思いが交錯している。

その全てを出しきるには、まだ時間がかかるだろうけど、分かっている事は、今、大きな変化の時の中に居ると言う事で、そして、「千田」も「ひろみつ」くんも、何かを教えてくれようとしている。

忘れる事はない。

かつてオレには、8年も一緒に居た。どんなとこへ行くのも一緒だった車が居た事を。

かつてオレには、5年も寝起きを共にした、仲良しのサボテンが居た事を。

ここでひとまずのお別れだけれども、誰かが言ってた。忘れなければ、いつまでも一緒に居ると。

新しい時間軸がはじまる。

新しい「彼ら」といっしょに。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【死の物語】
ここん所、実に色々とあったりした。それは、思いのほか別れが続く日々だったりもした。まぁ、何しか、事故を起こしてしまいまして・・・幸いにも、相手方もオレも軽傷で済み、不幸...
[2012/07/01 05:51] まとめwoネタ速neo
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。