超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年05月28日22:07

メメント・モリ

「この世はあやふやな囚われに満ちる。」「メメント・モリ」とは、どんな人間にも平等に死は訪れる。それを忘れてはいけない。という意味であり、その裏には、だから今を生きようじゃあないかと言う意味が隠されている。ちなみに、ラテン語ですよ。それを「死を記憶しろ」と和約した人のセンスもなかなか良いものだと思うけれども。さてさて。昨日、▼○○□●な事情があって、久々に「ファイトクラブ」を見た。名作なのは知ってたよ。...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メメント・モリ
2012年05月28日22:07      cat  :  気分
「この世はあやふやな囚われに満ちる。」

「メメント・モリ」とは、どんな人間にも平等に死は訪れる。それを忘れてはいけない。という意味であり、その裏には、だから今を生きようじゃあないかと言う意味が隠されている。

ちなみに、ラテン語ですよ。

それを「死を記憶しろ」と和約した人のセンスもなかなか良いものだと思うけれども。

さてさて。

昨日、▼○○□●な事情があって、久々に「ファイトクラブ」を見た。

名作なのは知ってたよ。そもそも、弟と嫁から「めっちゃ面白い」とゴリ押しされて、渋々見た(基本的に、人に勧められるのは嫌い)ら、めっちゃ面白かった。とか、そんな話に由来したるする。

で、昨日見たのが2回目だったりするんだけれども、2回目見たときの方が面白かった。ちびる程精巧に作られていた事に気がついた。

あれは、1回見ただけじゃあ分からない。

オチも知って、展開も全て知った上で、見てこそ理解できる。

しかも、1回目見たときにも、それはそれで、しっかりと違和感なく面白く、そして、最後でビックリすると言うおまけ付きだ。

面白い映画じゃないか。と思ってたら、面白いどころじゃないじゃないかとなる。作品。

多分、この後、何回か見るたびに、さらに色んな事に気がつくんだろうな。

少しだけ残念なのは、少し時間が長すぎる…オレは、2時間を超えるとダレてくる習性があるので、出来れば、1時間半から2時間でまとめて欲しかった。

お陰で、あの映画史に残るラストシーンに、何だかあんまり良い印象を持ってないと言う体たらくだ。

でも、そんな事は関係ない。本当に面白い作品だよ。まぢで。

関係ないけど、なぜか「ジョジョ」を1部から読み直したくなった。「ジョジョリオン」を読んだからではなくて、「ファイトクラブ」を見たから、読み直したくなった。

ふと考える。オレは、どのジョジョが好きなんだ?

好きなのは、3部と4部だと思うけれども、5部も捨てがたい。6部の類を見ない絶望感も堪らないし、そもそも、歴史ミステリーと絡め、しかも、演出、台詞どれも群を抜いてしびれる憧れる1部、2部だって大好きだ。ストーリー自体の完成度が高い7部だって、かなり面白かった。これは難しい問題だと思う。

死ぬ事は怖くありません。怖いのは・・・

関連記事
スポンサーサイト
人生に疲れ、石仮面をかぶること。
[ 2012/05/29 17:27 ] [ 編集 ]
>ふっきん
オレは人間をやめるぞぉぉぉぉおおお。JOJOォォォォォォォ。

取りあえず、喉が渇く・・・
[ 2012/05/31 22:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【メメント・モリ】
「この世はあやふやな囚われに満ちる。」「メメント・モリ」とは、どんな人間にも平等に死は訪れる。それを忘れてはいけない。という意味であり、その裏には、だから今を生きようじ...
[2012/05/29 01:45] まとめwoネタ速neo
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。