超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年05月03日22:02

GWうどん地獄絵巻~総集編~

時はGW。うどんブームは去ったと言えども、もの好きに県外からうどんなんぞを食べにいらっしゃる皆様も結構多い事かと思います。と言う事で、そんな皆々様の為に今更、この生まれも育ちもがちで香川県。3食うどんが1か月続いても多分、平気な志茂田さんが「気をつけなはれ。ここのうどんは本当の讃岐うどんじゃないぞ」と言うお店をご紹介いたしましょう。いやね、同じようなスレを2ちゃんで見つけたから、自分でやりたくなった...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GWうどん地獄絵巻~総集編~
2012年05月03日22:02      cat  :  うどん
時はGW。

うどんブームは去ったと言えども、もの好きに県外からうどんなんぞを食べにいらっしゃる皆様も結構多い事かと思います。

と言う事で、そんな皆々様の為に今更、この生まれも育ちもがちで香川県。3食うどんが1か月続いても多分、平気な志茂田さんが「気をつけなはれ。ここのうどんは本当の讃岐うどんじゃないぞ」と言うお店をご紹介いたしましょう。

いやね、同じようなスレを2ちゃんで見つけたから、自分でやりたくなったと言うだけなんですけどね。

ではでは、いつものように「続き」の部分に、実際にオレが言って経験した、体験をツラツラと書いていこう。

あくまでも、オレが行った時の話で、今は知らん。

ただ、そんな経験をする可能性があるので、出来れば避けた方が、せっかくのGWの旅行を楽しめるんじゃねぇ~のとか、そんなおせっかいです。

と、前置きはこの辺にして、スタートだい!!例によって、地図などはないので、興味あるやつは各自調べたし。
まず、真っ先に思いつくのは「岸井うどん」

近所の人なら、「岸井のうどん?だったらいらんわ」と、香川県民が食べることを拒否するほど素晴らしいうどん。なのに、このお店、とにかく県外からのお客さんが多い。そして、すごい行列が出来ている。でも、ホントよく見てほしい、お客さんの中に近所のおっさんどころか、香川県民が多分一人もいないから。

ここまで言えば、何が言いたいかわかるな?

ここのうどんは、一言で言うなら、親父が打ったうどん。

つまりは、家で普通に打ったうどんと同じクオリティーのうどんをわざわざ金出してまで食べたくない。と言う話だ。この位のうどんなら、多分ほとんどの家のお父さんかおじいちゃんが打てると思う。

逆に、香川県の家庭で食べるうどんを食べたいなら、オススメかも知れない。

次!!

「小縣家うどん」

生醤油うどんと言う、讃岐うどんならではの食べ方の代名詞的な、かなり有名なうどん店。だけど、騙されるな!!この店、びっくりする位高いから。たかが、生醤油うどんになぜ、こんなお金を払わなければいけない。そう誰もが思うはず、加えて、生醤油うどんなのに、麺が大してうまくない。

もう一点、ふざけんな。と思うところが、この店では、大根おろしを自分でおろさなければいけない。注文すると、おろし金と大根を渡されるんだけど、おろしたての大根なんて辛くて食べられない。かと言って、その大根1本分も料金に含まれている訳で、もったいないからと沢山おろせば、それが辛くて、味なんか分かったもんじゃない。と言う、とんでもないぼったくりのお店。

ちなみに、この店では異様に、大根のおでんがたくさん売られている。その理由は・・・

次!!

「谷川米穀店」

山間にひっそりとある地元密着型のうどん屋さん。昔は、ホントに美味しいうどん屋さんだった・・・ところが、ブームに便乗して、調子に乗ってしまったため、驚くほどのスピードで味が落ちてしまった。

そしてこの店で何よりムカつくのが店員。「あんちゃん食べ方わかる?醤油入れてな、お酢もちょっと入れたらエエよ。」などなど、とにかく絡んでくる。そして、上から目線で食べ方をひたすらレクチャーされるので、落ち着いて食べる事はおろか、自分なりの食べ方なんて全くできない。

しかも、すごい並んでるから、訳のわからないおっさんと相席とかにされた日には・・・

次!!

「山越うどん」

昔から香川県ではかなり有名なうどん屋さんで、実際ここの「釜玉うどん」とかは、かなり絶品だった。でも、ここも「谷川米穀店」と同様に、ブームにのかって調子に乗ってしまったくそ残念な店。

そもそもこの店でうどん打ってるの、だいたいが期間限定で雇ってる大学生の兄ちゃんとかだから。麺の味なんて、押して測るべしだ。

たかが釜玉うどんで、店舗もどんどん大きくなるし、駐車場もどんどん増えていく。そして、それに比例して、味はどんどん落ちていってる。

ついでに言うと、このお店のお土産うどんに至っては、当然のことだけど、工場で作ってるぜんぜん別物だからな!!

次!!

「日の出製麺所」

このお店のうどんは、多分(90%位の確立で)別の場所にある工場で作ったうどんだ。手打ちうどんを期待するなら、まず行かないほうが良い。

そして、麺が単純に美味しくない。ただ硬いだけの、大量生産された麺に良くある味のやつだ。

並んでまで食べる価値はない。だったら、他に、もっと美味しくて、並ばなくても食べられるお店はきっといっぱいあるから。

んで、最後!!

「やまうちうどん」

元祖讃岐うどん。小さい頃、初めて親父に連れて行かれた時は、ホントちびる程うまくて感動した、この名店も、ブームによって死んでしまった悲しいうどん屋さん。昔ながらのうどん屋さんの雰囲気を味わいたい人にはオススメながらも、この味が讃岐うどんだとは正直思われたくない。

でも、この店については、昔のすごく良いイメージが残っているので、正直、お客さんが減ってしまって、また、昔みたいなうまいうどんを出すお店に代わって欲しいと切に願っていたりする。

他にも、何件か、行くべきじゃあない店があったりするけど、ここに挙げた店は、特にイラッとして、「ネットで叩いてやるぅ~」と強く思った店なので、ここでツラツラと書いておく。

ちなみに、有名どころで、ホントに味も雰囲気も良いのは多分、庵治にある「山田家」だと思う。あそこは、是非、立ち寄ってみてほしいです。

他にも、個人的に行き付けにしてる美味しいうどん屋さんはいっぱいあるけれども、上記のとおり、うまいうどん屋→有名になる→味が落ちる→香川県民の足が遠のく→観光客しか来なくなる→さらに味が落ちる と言う、負のスパイラルに落ちてほしくないので、あえて、ここでは書かない。「山田家」は観光的な意味でもぜんぜんOKなお店なので。

ざまぁ見やがれ。

もうオレは「三島製麺所」みたいな惨状を見たくないのだよ。

死ぬまでROCK!!


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。