超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年03月29日23:05

緊縛レイプ地獄ver71

今執筆中の新作小説関連で、俗に言う「縄師」、「緊縛師」について、お勉強している。それが、また面白いんだよ。すごい、深い世界すぎる。もともと、SM的なものに興味津津なオレなので、そう言うプレイ的な意味で良いと思ってたけど、実にそんな単純な話でもなかった。大切なことは、女性をいかに気持ちよく、そして、美しく見せる事が出来るかだ。それも、妖艶に。荒縄で絞めあげられた女性が、恍惚の表情でもだえる様子は、単純...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊縛レイプ地獄ver71
2012年03月29日23:05      cat  :  気分
今執筆中の新作小説関連で、俗に言う「縄師」、「緊縛師」について、お勉強している。

それが、また面白いんだよ。すごい、深い世界すぎる。

もともと、SM的なものに興味津津なオレなので、そう言うプレイ的な意味で良いと思ってたけど、実にそんな単純な話でもなかった。

大切なことは、女性をいかに気持ちよく、そして、美しく見せる事が出来るかだ。

それも、妖艶に。

荒縄で絞めあげられた女性が、恍惚の表情でもだえる様子は、単純な興奮を超越した何かがあるように思う。

芸術だと思う。

西洋では、裸婦。つまり、神が作り上げた造形を芸術の対象に見る節があるけれども、日本では、どうも違うらしい。

絞めあげた縄の痕。荒縄で縛りあげられた状態。それは、必ずしも、裸である必要はなく、大切なのは、どれだけ妖艶に見せる事が出来るか。しかも、女性にとって、拷問になってしまわない程度の具合で苦痛を与える職人的技術が必要な世界らしい。

緊縛の花形「吊り」なんか、いかに体の負担を分散し、それでいて、苦痛を与え、美しく見せるかと言うまさに、芸術の結晶。

大学生のころ、オナニーのネタにと杉本彩姉さんの「花と蛇」のDVDを買ったのに、その妖艶美にオナニーも忘れて見入ってしまった過去をなんだか思い出してしまった。

女体の美しさとは、どこまでも奥深いものなのですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。