超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年03月23日00:49

悲しみ降り注ぐその傍らでたたずむはあなた

ルパン3世vsコナン(別に闘ってない気がするけど・・・)をみた。うぬぬぬ・・・作品の出来栄えよりも、CMで流れてた来週の「カリオストロの城」と再来週の「紅の豚」にばかり興味がいってしまったよ。恐るべしは、宮崎駿か・・・にしても、せっかく新声優でTVシリーズも始まるのに、その宣伝に、旧声優陣(しかも、ひとつは、山田康雄ルパンと言う・・・)を流すとは、何を考えてるんだろう・・・まぁ、新声優ではまだ1作しかやっ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲しみ降り注ぐその傍らでたたずむはあなた
2012年03月23日00:49      cat  :  気分
ルパン3世vsコナン(別に闘ってない気がするけど・・・)をみた。うぬぬぬ・・・作品の出来栄えよりも、CMで流れてた来週の「カリオストロの城」と再来週の「紅の豚」にばかり興味がいってしまったよ。

恐るべしは、宮崎駿か・・・

にしても、せっかく新声優でTVシリーズも始まるのに、その宣伝に、旧声優陣(しかも、ひとつは、山田康雄ルパンと言う・・・)を流すとは、何を考えてるんだろう・・・

まぁ、新声優ではまだ1作しかやってないしな。だとしたら、TVシリーズが次期尚早なのか・・・

ん?どっちでもいいか。

さてさて。

最近、異常に色んなところから「人生を楽しむコツは仕事を仕事じゃなく、遊びとして楽しむことだ」的な話を聞いたりする。

最初の頃は、「うるせい!!仕事は仕事。遊びは遊びだ!!バカ野郎!!」とか思ってたけど、少し考え方が変わってきた。

つまり・・・それはそうかも。と、思うようになってきた。

こんな事を言えるヤツには、二つのパターンがあると思う。ひとつは、遊び(趣味)が仕事になってしまった(または、お金をもらえる類の事が趣味だった)場合。もう一つが、わき目も振らずに没頭できる遊びや趣味を持っていないから、仕事を遊びにしてしまった場合。

どっちが良いとか悪いとかは知らないけれども、オレの場合、完全にやりたい遊びが山のようにあるわけで、後者のパターンを選ぶことは出来やしない。

と言う訳で、今の遊びをお金に出来る方法がないものか。そんな事を、まだぼんやりだけれども考え始めた。

もしこれが成功すれば、毎日毎日律儀に、会社に通うことも、自分の個性を押し殺して売れるためのページ制作をすることも、会議に出て恫喝されることも無くなるわけですな。ハゲる事にビビる日々も終わるだろう。

とは言え、バンドなり、小説なり、演劇なり、デザイナーなり、漫画家なりその辺のどれをやっていくにしても、結局のところは、色々と苦労はすることになるんだろう。・・・それはそうだと思う。

でも、決定的に違うことは、これら創作については、どれだけ貶されてもめげずに(しかも、楽しみながら)やっていける事だと思う。

オレが物語を書き始めたのは実に6歳のころだ。それ以来20年近くに渡って、誰からも認められず、相手にもされず、それどころか時には嘲笑の的にされ続けてきた。最近になって、やっと一部地域の変態さんがたに小説やら、音楽やら認められるようになってきたけど・・・

そんな20数年間、オレは、オレが作るものが世界で一番面白いと信じて、書き続けてきた。

んで、今更、多少なりとも認めてくれる人が少しだけど居てくれたりする。

この延長線上で、発展的意味での否定なら、いくらされようとも、むしろテンションあがるだけだ。これまでの凌辱の対象としての、小馬鹿にされた否定とは違う訳で、その否定を受け続けても20年以上めげなかった分の確固たる自信だけは備え付けてきた。

まだ、ぼんやりとした、何の具体性もない話だけど、そのうちこの「仕事を遊びにする」計画を始めようかと思ってたりする。

実は、すでに少しずつ行動に起こしてたりもする。

詳細については、もう少ししたらと言うことで。

取り合えず、今年の6月には、一つの結果が出るらしい。その結果次第では、早ければ、夏くらいには、この計画は実行されるだろうて。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。