超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年03月22日00:39

f分の1揺らぎと夢

今日、死んだじいちゃんの夢を見た。おかんとばあちゃんと従妹とオレが4人で四角いテーブルのそれぞれに座って、お互いに、じいちゃんの思い出とかをツラツラと語るだけのなんとも不思議な夢だった。お彼岸でじいちゃんがこっちに来ていたのか、先日、命日にお参りしたからなのか。でも、ホントに久しぶりに夢にじいちゃんが出てきた。んで、心なしか目が潤んでいた。じいちゃんが死ぬ直前、最後のお見舞いにおかんとかが行く時、...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
f分の1揺らぎと夢
2012年03月22日00:39      cat  :  気分
今日、死んだじいちゃんの夢を見た。

おかんとばあちゃんと従妹とオレが4人で四角いテーブルのそれぞれに座って、お互いに、じいちゃんの思い出とかをツラツラと語るだけのなんとも不思議な夢だった。

お彼岸でじいちゃんがこっちに来ていたのか、先日、命日にお参りしたからなのか。でも、ホントに久しぶりに夢にじいちゃんが出てきた。んで、心なしか目が潤んでいた。

じいちゃんが死ぬ直前、最後のお見舞いにおかんとかが行く時、オレは、ゲームをしてたかなんかで、行かなかった。確かに、全然元気だったし、まさか、それが最後になるなんて誰も思わなかったけれども、それでも、あの日、行かなかった事を実は、今でも後悔していたりする。

もうあんな思いは嫌だから、今入院してるばあちゃんにも、時間があれば顔を見に行くようにしてたりする。

何かがあるかもしれない。

無ければそれにこしたことはない。

あの日の経験は、オレの中で凄く影響を与えてる・・・ような気がする。

同じ後悔はしたくないんだよ。オレわ。

いつか、絶対にやってくる別れに際して、後悔しないことは絶対にないだろうけど、それでも、少しでも後悔が減るように・・・出来ればなくなるように。そんな事を考えて今日を生きております。

雨の音は少しだけ昔を思いめぐらせてくれる時間。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。