超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年03月07日00:05

また振り出しに戻る。夜明けに巡る想い

犬神サーカス団がエライ事になってしまった・・・それを、今日、今更知った。ある意味、犬神サーカス団の活動休止だよな・・・最後のワンマンツアー。行きたいなぁ~。でも、四国には、寄ってくれないみたい。相当嫌われたな。・・・無念だ。んで、新しい「犬神サアカス團」は、どうなるんだろう。なんか、抒情的なアングラ和風ロックって、イメージ的には「犬神サーカス団!」の時代のノリに戻るだけのような気がしてならないんだ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また振り出しに戻る。夜明けに巡る想い
2012年03月07日00:05      cat  :  気分
犬神サーカス団がエライ事になってしまった・・・それを、今日、今更知った。

ある意味、犬神サーカス団の活動休止だよな・・・最後のワンマンツアー。行きたいなぁ~。でも、四国には、寄ってくれないみたい。相当嫌われたな。・・・無念だ。

んで、新しい「犬神サアカス團」は、どうなるんだろう。

なんか、抒情的なアングラ和風ロックって、イメージ的には「犬神サーカス団!」の時代のノリに戻るだけのような気がしてならないんだけど・・・そうじゃなかったら、ある意味凄いよな。

気になるのは、ライブとかでもう「犬神天国」とかそんなのやらないのか。とか、ライブでは、以前の曲はやらないのかとかそんな事ばっかりだ。

さんざん「最高傑作は、地獄の子守唄だ」とか、言いまくってたけど、いざ、こんな事態になっちゃうと、なんだか、今の犬神サーカス団が懐かしくてしょうがない。数えきれないくらい名曲があるんだよ。まぢで。

好きになったきっかけの曲「赤い蛇」「血まみれ内蔵ロックンロール」「陽炎」から始まって、個人的に思い入れが深い「花嫁」や、エディのピアノも素晴らしい「レクイエム」、「最新型アンドロイド」や「都合のいい女」「待ちわびた日々」「夜行列車極楽行」に「籠の鳥」、それに、絶対の名曲「地獄の子守唄」や「白痴」、あと「父親憎悪」とかも大好きだよなぁ~。いやまぁ、言い出したらキリがないか・・・その辺の名曲たちはどうなるんだろう・・・

でもきっと、「ひと夜だけの犬神サーカス団復活ライブ vol18」とかやってくれたりするんだろう。

ライブに行って、アンケートに、犬神サーカス団の曲もきかせろぉぉお!!って書きまくったら、やってくれるんだろう。

と、信じつつも、新しい「犬神サアカス團」にものすごい期待しておこう。

実は、「夜行列車」あたりで、今の方向性は頂点を迎えてた感もしてたし。(そこから、下がってはないけど、上がってもいない感じ)それを、ご本人さんもわかってたんだろう。だからの、コンセプトチェンジなんだろう。

そこから、「地獄の子守唄」を超える名作が生まれる事を想像しつつ、今日のところは、おやすみなさい。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。