超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年03月04日23:48

独善的テーマのいきつく果て。1

恫喝のワンダーランドによく連れて行かれる志茂田さんです。って、書こうかと思ったけど、その直前に「ワタミ」の話をちらほら聞いてしまった。あれに比べれば、オレ全然マシなような気がする。ブラック企業だとか云々関係なく、この社会には、恫喝とかパワハラは溢れかえってるんですね。うぬぬうぬぬう・・・そいつの為を思って言ってると、ワタミの会長さんは言ってたらしいけど、「今すぐここから飛び降りて死ね」とか、そんな...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独善的テーマのいきつく果て。1
2012年03月04日23:48      cat  :  気分
恫喝のワンダーランドによく連れて行かれる志茂田さんです。って、書こうかと思ったけど、その直前に「ワタミ」の話をちらほら聞いてしまった。あれに比べれば、オレ全然マシなような気がする。ブラック企業だとか云々関係なく、この社会には、恫喝とかパワハラは溢れかえってるんですね。

うぬぬうぬぬう・・・

そいつの為を思って言ってると、ワタミの会長さんは言ってたらしいけど、「今すぐここから飛び降りて死ね」とか、そんなの言われた側の気持ちが分かるんだろうかね。

まぁ、分からないから言うんだろうけど。そして、多分「私は、そう言われたら、がむしゃらに頑張るだろうから、部下にもそう言う」的なことを言うんだろう。自分の価値観だけでしか、物を図れない想像力の欠如した人間だ。

一人の社員を過労死させといて、外国に学校を作るとか、偽善の極み。

ラジオを届けてることを誇らしげにCMで垂れ流してる草加となんらかわんね~よ。

とか、なんとか。

さてさて。

ここんところ、立て続けに映画を見た。「バタリアン」「ニライカナイからの手紙」「食堂かたつむり」「亀は意外と速く泳ぐ」「転々」「なくもんか」・・・

分かった事は、この中では、圧倒的に「バタリアン」が面白かった事。アイデア、音楽、演出、脚本。すべてダントツで面白かった。

そして、大好きな三木聡監督の「亀は意外と速く泳ぐ」「転々」。この二つは、どちらも絶対の名作。ただ、「亀は意外と速く泳ぐ」で主演してる上野樹里だけが厳しかった分だけ、「転々」の方が面白かった。三木聡の作風に上野樹里は合わないんだろう。多分。物語としては、抜群に面白かっただけに。


「なくもんか」は、クドカン脚本、阿部サダヲ主演のドタバタコメディー。なんか、こう言うノリ見たことあるな。と思ったら、たぶん「罪とか罰とか」だったと思う。でも、オレは、やっぱりケラさんの黒い笑いが大好きなわけで、だったら、ナイロンみるっつ~の。と言う感じだったかも。伏線いっぱい張ってて、ほとんど未消化のまま、特に何も残さないで終わっていく感じは、ある意味、何度も見たくなる味があったようななかったようなあったような。そんな、アンニュイな午後の日差し。


んで、「ニライカナイからの手紙」。大好きな沖縄の雰囲気を堪能できた分はすごく良かった。演技も棒読みだけど、竹富島の人の雰囲気とか感じられてすごくいい感じ。蒼井優は演技うめ~なぁ~と思う。でも、こいつは、話が駄目だぁ~。泣かせる形の物語なのに、要所要所に「ばかなぁ~」って笑ってしまうシーンがでてくる。ご都合主義とかそういう問題じゃなく、ネタですよね?と思うしかないシーンがちょいちょいあるんだよ。かと言って、「デビルマン」くらい本気だしてくれてるかと言えば、そうでもない。実に中途半端な映画だった。これは、見なくていいと思う。特に、沖縄好きなやつは。

最後。今日見た「食堂かたつむり」。なんか良く分からない。ユニークな世界観は、はまる人にははまるんだろうけど、オレにはチョッとダメだった。エルメスは可愛かったけど。テンポが遅すぎて、だるくなってしまう。そして、何より、物語みながら、オレが嫁と「●○になったらおもろいのになぁ~」と話してた(そんなネタみたいな展開あるわけねぇ~よ。もっと、王道な展開で終わるよな。という気持ちを込めたジョークなノリ)事が、すべて、後半で実現した。設定だけ聞いて、ゲラゲラ笑いながらスピンオフを作るかのようなノリで、後半すさまじい展開をしていく。そこの意表を突かれる感じは、実は名作かもしれない。面白くはないけど、記憶には確実に残る映画。そして、内容が薄っぺら過ぎて、予告編だけ見れば、本編すべて見た分とおなじ情報量が得られる凄まじい映画。ぜひ、お勧めです。

何しか、こうやって、色んな作品を愛でていくのは実は結構楽しいものかもしれない。

そう言えば、ついでに「ヤッターマン」もテレビでしてたから少し見たわ。

アニメを忠実に再現してた。でも、だったらアニメ見ればいいじゃねぇ~の?と言う感じだった。特にドロンジョとか、ボヤッキーとか・・・

まぁ、偉そうにつらつら書いたけど、それでも、第一線で活躍してる皆さんですからね。それ相応のなにかはあるんだろうて。知らんけど。

ちなみに、個人的には、話も面白くないし、脚本も詰まんないし、ただ眠いだけなんだけど「純喫茶イソベ」が好きなんです。毎回、見た後に「あぁ~おもんなかったなぁ~。」とか「時間もったいなかったなぁ~」とか思うんだけど、なぜかまた見てしまうと言う・・・魔性の映画と名付けております。

いやぁ~映画って本当にいいものですね。さよなら。さよなら。さよなら。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。