超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年03月03日23:14

この記事は独断と偏見に基づいて書いております。

生まれも育ちもがちで香川県。3食うどんが1か月続いても多分、平気な志茂田さんが、最近行ったうどん屋さんを、美味くても不味くてもそのまま書いちゃう「うどん屋さんめぐり」シリーズ。第2498回。今日は、多度津にある「喜々」。内容については、結構、正直に良いことも悪いことも、「お前何様だよ」と言われんばかりに偉そうに書いちゃったから、それでもいいってヤツだけ、続きからGOだ!!...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事は独断と偏見に基づいて書いております。
2012年03月03日23:14      cat  :  うどん
生まれも育ちもがちで香川県。3食うどんが1か月続いても多分、平気な志茂田さんが、最近行ったうどん屋さんを、美味くても不味くてもそのまま書いちゃう「うどん屋さんめぐり」シリーズ。

第2498回。

今日は、多度津にある「喜々」。

内容については、結構、正直に良いことも悪いことも、「お前何様だよ」と言われんばかりに偉そうに書いちゃったから、それでもいいってヤツだけ、続きからGOだ!!


取りあえず、最初に言っとくけど、この店・・・セルフじゃね~から。だから、当然のことだけど、オーダーを通さなきゃいけないし、好きな天ぷらとか自由にトッピングとかできないよ。(まぁ、やろうと思えば出来るけど、いちいち店員呼んでオーダーしなきゃあいけない。)そして、セルフの醍醐味、ネギや天カス、ショウガ等々も入れる事ができない。

でも、そんなオーダー制でも、うどんがうまけりゃ、最終的にはOK。例えば、牟礼にある「山田家」みたいにね。

・・・と言うことで、今日のところは肉うどんをオーダー。

ちなみに値段的には、結構高め。2人で行って、1000円以上かかるなんて・・・

オレが普段行ってるうどん屋さんでなら、肉うどん300円チョイくらいで食べられるけど、ここは、プラス200~300円位いるよ!!(関係ないけど、アホほど安くいっぱい肉食べたいなら、「一屋」がお勧めだよ!!)

で、実際のうどんだ。

麺・・・う~ん。ごめんなさい。オレの口には合わないや。太いんだけど、硬さだけが目立って、モチモチ感がほとんどない。よく言えば、非常に強いコシと言えなくもないけどね!!

そして、つゆ。う~ん・・・ごめんなさい。普通だ。でも、店内には、「伊吹島産のいりこをふんだんに使ったこだわりのだし」的なポップがちらほら・・・あれがなければ、普通。そのポップのせいで、どんだけうまいんだよと期待させた分だけ、むしろ、ちょっとがっかり。

最後に、肉うどんの肉。・・・たぶん、肉は良い肉を使ってると思う。おいしかった。でも、肉の味付けが薄いのと、肉を煮込んだだしがまったくと言っていいほど入ってないから、肉うどんの醍醐味は皆無だった。そして、ここまでして、すすめる程、だしが極まっておいしい訳でもなかった。(普通なんだって。)

お店の雰囲気は、結構いい感じだったんだけど、個人的には、もうあんまり行かないような気がする・・・

そんなお店だったよ。

総合評価としては、★★くらいかな。

次回も、運が良ければ、うどん屋さんの感想とか書くかもしれないし、書かないかもしれない。それじゃあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。