超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年02月07日21:40

左利きも慣れたし風邪も治った

気がつけば、もう少しで、アクセス数7万突破だ。それが凄いのか、凄くないのか。それは誰にも分らないけど、オレは、なんだか満足してるので、それでいいと言う事にしよう。1000のキリ番とかやってた頃が懐かしい。さてさて。なんだか、PCに入ってた曲の中から、globeを今日は持ってきてみた。(ちなみに昨日は聖飢魔Ⅱ)globeとtrfは大好きなんですよ。実わ。ともちゃんとかアミーゴは歌唱力的な問題から聞くに堪えない。(...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左利きも慣れたし風邪も治った
2012年02月07日21:40      cat  :  気分
気がつけば、もう少しで、アクセス数7万突破だ。

それが凄いのか、凄くないのか。それは誰にも分らないけど、オレは、なんだか満足してるので、それでいいと言う事にしよう。

1000のキリ番とかやってた頃が懐かしい。

さてさて。

なんだか、PCに入ってた曲の中から、globeを今日は持ってきてみた。(ちなみに昨日は聖飢魔Ⅱ)

globeとtrfは大好きなんですよ。実わ。ともちゃんとかアミーゴは歌唱力的な問題から聞くに堪えない。(オレが言うのもなんだけど・・・)あむろちゃんは、なんか生理的に苦手。

そんなこんなで、実にご機嫌に聴いております。globe。好きな曲は、「don't look back」と「Love Again」。「don't look back」をこの曲を初めて聞いた時は、本当に衝撃を受けたわ。当時、高校生だったか?そして、「Love Again」を初めて聞いた中学時代には、歌詞のエロさにドキドキし、曲のかっこよさにドキドキした。

でも、globeを初めて聞いたのは、実は、「FACE」だったりする。

初めて、CDコンポなどをついに買った時、初めて買ったCDが「face」なんだよ。

オレは、この先どんな事があったとしても「初めてお金を出して買ったCDは何ですか?」なる質問を受けた時には、「face」です。と言うしかない。別に嫌なわけではないけれども。

そもそも、CDコンポを買った理由は、当時大好きだった「ポケビ」のアルバムが欲しかったからだったように記憶している。でも、アルバムと言うものが3,000円もする事を知り、当時、月のお小遣いが1000円位だったオレは、それを諦めた。(そんな音楽よりも、大好きなマンガを買うことを優先していた事情もあって)で、少し前にはまってた「透明人間」なるドラマの主題歌、サザンオールスターズの「愛の言霊」を買う事に決め、意気揚々と近くのBookoffへ向かった。

なかった。

さすが、大人気のサザンオールスターズだ。

でも諦める訳にもいかなかった。とにかく、オレは、せっかく買ったCDコンポで何かCDを再生したくてしょうがなかった。取りあえず、買って帰ったその日に、家にあったクラシック(たぶんベートーベンだったと・・・)を聴いただけだったことがすごく嫌だった。

うろうろと探していたけれども、知ってるものがない。(当時、音楽にまったく興味がなかったので。)

不意に、頭をよぎった記憶。

当時、所属していた卓球部の先輩が、別の先輩をからかって歌ってた歌。

「鏡に映った○○(先輩の名前)のちんこ。情けないようでたくましくもある」

いつも、口ずさんでいたこの替え歌が、オレには死ぬほどつぼだった訳で(先輩だから、大っぴらに笑うことは憚れるけれども)それでも、堪え切れずに笑いまくった。

つまり、globeの「face」の替え歌だ。

探してみると、なぜかglobeのCDは山のようにあった。「愛の言霊」はなかったのに。

その中から「face」を手にレジへ。350円だった。

家に帰って、さっそく聞いてみた。

なんせ、頭の中には、先輩の替え歌しかないわけで、オレにとって、globeとは、その先輩のことだった。

でも、本当の「face」は笑えるような代物じゃあなかった。

なんだか、良く分からない。でも、少しだけ、大人になったような気分だった。それまで、死ぬほど欲しかった「ポケビ」がずいぶん子供じみて感じるほどに・・・

次のCDは、「愛の言霊」だったように思う。

とにかく、それを買うまでの間、ちょっとだけ大人になったオレは、「オレってこんなおしゃれな歌を聴いてるんだぜ」と周知するかのように、隣の家まで聞こえるくらいの大音量で、「face」を聴き続けた。

でも、実は、当時、この曲の良さはまったく分からなかった。正直、「red angel」の方が100倍良いような気がしてた。

そんな、チョッとアンニュイな当時の思い出。

「face」の良さに気がついたのは、高校の受験勉強のBGMとして、globeとtrfのベストアルバムを聴いてた時だ。

そして、その時「DEPATUER」の名曲っぷりもじっくり堪能した。「don't look back」に衝撃を受けた。「wanna be a dreammaker」のかっこよさに鳥肌が立った。

今、久々に聴いてもやっぱりglobeは素敵だと思う。

特に、「face」を聴くと、凄く当時を思い出す。

実はもう一つ。B'zの「colling」にもあほみたいに強い思い入れがあるんだけれども、その話については、また次回にでも・・・

そういう音楽も結構たしなんでいるんですよ。私わ。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。