超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年01月29日00:43

孤独に過ごしたあの頃はみるものすべてに憧れた

いくつかの妄想が頭の中に悶々と渦巻いている。その妄想を一つ一つを切り取っていくことは実は、簡単なことなのだけれども、それは、所詮ひとつの頭の中にある事柄なのであって、全く別物として扱っていくことは出来ないらしい。だから、物語としてそれが形成するとき、すべてのものが何らかの干渉をお互いお互いでしている。そして、そのすべてを一つの世界での出来事であると考えたとき、その巨大な世界について、ひとつの物語が...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孤独に過ごしたあの頃はみるものすべてに憧れた
2012年01月29日00:43      cat  :  気分
いくつかの妄想が頭の中に悶々と渦巻いている。

その妄想を一つ一つを切り取っていくことは実は、簡単なことなのだけれども、それは、所詮ひとつの頭の中にある事柄なのであって、全く別物として扱っていくことは出来ないらしい。

だから、物語としてそれが形成するとき、すべてのものが何らかの干渉をお互いお互いでしている。

そして、そのすべてを一つの世界での出来事であると考えたとき、その巨大な世界について、ひとつの物語ができるのじゃあないか・・・と、そんなことを思案していた。

それが、きっと、生きているうちに完成させたい物語のひとつ「闇世界」の構想の原点にあったりする。

言ってみれば、これまでに作り上げてきたすべての物語が起こる世界を何らかの形で一つの物語として表現できはしないか・・・

火の鳥みたいに、何か象徴となるものを登場させて、物語を展開させていってもいいし、本当に、すべての成り立ちからを延々命ある限り書き続けるという手法もないことはない。

そうやって、悶々と考えている日々。

「観客3人のライブイベント」は現在、絶賛執筆中でございます。

物語内に登場する二人の男女は、「夜景情景スカトロジスト」に出てくる俊夫と姫子だと思う。

オレも確証はないけれども、たぶんそうだと思う。

そうやって、お互いが干渉しつつ作り上げていく世界。

うぬぬぬぬ・・・

なんだか、ワクワクしてきたりもするわけなのです。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。