超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年01月23日23:07

お金なんてないから、やらせてあげるよ

昨日、バイオハザード見て、バイオハザードがしたくなった志茂田さんです。丁度、家に、ゲームキューブとゲームキューブ版バイオハザードがあるのだよ。ちみちみぃ~。でも、色々やることもあるからなぁ~と思案中の日々。さてさて。最近(と言ってもこうなって、長いけれども)、物語を作るときに、まず、その物語のイメージを歌詞に書いて、曲にして、そして、その曲をさらに膨らませる形で、物語として仕上げっていく。みたいな...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お金なんてないから、やらせてあげるよ
2012年01月23日23:07      cat  :  気分
昨日、バイオハザード見て、バイオハザードがしたくなった志茂田さんです。

丁度、家に、ゲームキューブとゲームキューブ版バイオハザードがあるのだよ。ちみちみぃ~。

でも、色々やることもあるからなぁ~と思案中の日々。

さてさて。

最近(と言ってもこうなって、長いけれども)、物語を作るときに、まず、その物語のイメージを歌詞に書いて、曲にして、そして、その曲をさらに膨らませる形で、物語として仕上げっていく。みたいな手法をよく取ってたりする。

最近で言えば、「永遠の向こうにある果て」も、「夜景情景スカトロジスト」も「遊星屠殺ワンダー」も「中央悲劇閲覧センター」も「手のひら収集家の末路」もこの手法で書き上げた。

と言うことで、今回の新作「観客3人のライブイベント」も、この手法で作るべく、ギターを握ってみた。

数分で、メインとなるギターリフとメロディーラインは出来ちゃったりしたわけで、さすがに、1年近く作曲活動とかやってなければ、引き出しもたまったりするモンだと思う。

歌詞も、ある程度書き上げていってる感じ。

これが出来たら、それを元に、演劇用の台本として膨らませていこう。

ただ、仕事から帰ってくると、もう結構遅い時間だったりするので、さすがにその時間から、ギターとかかき鳴らすのは、ご近所さん的に気を使ってしまう。

まぁ、次の休みまでお休みだわな。

そして、必然的に、台本書き始めるまでには、もう少し時間が掛かってしまったりする。

あんまり、締切りまで時間もないんだけどなぁ~

しょうがないものは、しょうがない。

この上、バイオハザード何かはじめた日には・・・

人生とは、やりたい事とやらなきゃあいけない事の配分なのですよ。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。