超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年01月11日21:39

マイノリティーのススメ~セカンドバージン~

「東京事変」が解散だそうで。そこまで、興味はなかったんだけれども、それにしてもちょっと残念ではある。アホみたいに高い演奏力は、本物だったと思ふ。ちょっと、椎名林檎さんの曲が、高度すぎてオレには良さがさっぱりわからなかっただけだ。多分な。さてさて。上にちょっと関係するような、しないような話。世の中には「○○。オレは好きなんだけど、ちょっと一般受けはしないよな。」とおっしゃる奴が結構いる。オレも、その一...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイノリティーのススメ~セカンドバージン~
2012年01月11日21:39      cat  :  気分
「東京事変」が解散だそうで。

そこまで、興味はなかったんだけれども、それにしてもちょっと残念ではある。アホみたいに高い演奏力は、本物だったと思ふ。ちょっと、椎名林檎さんの曲が、高度すぎてオレには良さがさっぱりわからなかっただけだ。

多分な。

さてさて。

上にちょっと関係するような、しないような話。

世の中には「○○。オレは好きなんだけど、ちょっと一般受けはしないよな。」とおっしゃる奴が結構いる。オレも、その一人なんだけれども。

ふと思う。

じゃあ、お前はなんなんだよ。と。

「オレには有りだけど、世間一般の人にはなし」と言うことは、つまり、自分は世間一般とは少し違う感覚なり、センスを持っていると言うことなんだろうか。と言うか、そのニュアンス以外で、オレは理解できない。要するに、回りくどい自慢だ。

では、そんなこと言う奴は、果たして、本当に世間一般と比べて、違うセンスを持っているのか。

と、考えれば、多分そんな事はない。

なぜなら、その「○○」は、高い確率で、何らかのメディアで取り上げられたりして、そいつの知るところとなっているから。内容が多少マニアックであろうとも、それを良しとする人がいて、それを多くの人に知ってもらいたくて、紹介した過程が必ずあるはず。つまり、その紹介者と似通ったセンスであっても、それが必ずしも、世間一般とかけ離れてはいない。

むしろ、お前なんぼのもんじゃい。と言いたいわけだ。言っちゃったけど。

それを言ってもいいのは、誰かが紹介したものではなく、自らが作り出したものを世界一愛し、そして、それでいて、誰からも理解されない天才だけだ。

自分で書いた曲ばかり日常的に聴き続け、自分で描いたマンガを読み、自分で書いた小説に涙を流し、自分で書いた台本で演劇をつくる。人の作品の批評は、常に、自分の作品との対比から始まる。

そして、その作品は、自分以外の誰の心も動かさない。

そんな人生を子どもの頃から歩んできて、はじめて「オレは好きだけど、一般受けはしないよな。オレの書いた物語みたいに」と、言えるわけだ。

例えば、オレみたいにな。

自分で自分のことを天才とか言ってしまう。

他に誰も相手にしてくれないから。

でも、オレは、自分の作ったものが世界一凄いと思っているわけで、日和ることなく、これからも色々な創作活動などしていきましょうね。

新時代の自慢ですよ。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。