超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年01月05日21:59

パラフィリア・エル・ド・ラド

香川県は、日本で一番交通事故が多い。それは、結構昔からずっとそうみたい。ただ、オレは、たまに県外を運転すると、県外のヤツの方がよっぽどスピードだしてるし、無理やり割り込んでくる。ほんと、まぢでムカツクくらいに。香川県民、比較的交通マナー良いと思いますよ。琴平とか、宇多津とか除けば・・・まぁ、死にかけのジジババが軽トラとか運転してる率では、東京なんて比じゃないだろうけど。それは、田舎ならどこでも共通...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パラフィリア・エル・ド・ラド
2012年01月05日21:59      cat  :  気分
香川県は、日本で一番交通事故が多い。それは、結構昔からずっとそうみたい。

ただ、オレは、たまに県外を運転すると、県外のヤツの方がよっぽどスピードだしてるし、無理やり割り込んでくる。ほんと、まぢでムカツクくらいに。

香川県民、比較的交通マナー良いと思いますよ。

琴平とか、宇多津とか除けば・・・

まぁ、死にかけのジジババが軽トラとか運転してる率では、東京なんて比じゃないだろうけど。

それは、田舎ならどこでも共通か?

さてさて。

昨年末に、ディスカバリーチャンネルでやってた拷問特集番組をしこたま見てた。

それはもう、「ファラリスの雄牛」から始まって、「スカベンジャードーター」や、「アイアンメイデン」を経て「電気イス」などなど・・・とにかく、歴史上のありとあらゆる拷問・処刑道具がめくるめく恍惚とともに映し出されるエル・ド・ラドだった。

面白いのは、ダミー人形などを用いて、実際に、この拷問具にかけられた人間がどうなるかを、事細かくリアルに再現してくれた点。

例えば、拷問具の定番車輪の場合でも、それが人体のどの部分にどんな衝撃を与えるのか明確に映像として見せてくれる。悪趣味な奴では、内蔵のかわりに腸で作ったソーセージを使ったり、赤いインクを使ったり、本当に人間に拷問具をけしかけてみたりする。

見てるだけでも、ゾクゾクとする時間ではあったけれども、更に、目新しかったのは、拷問具自体がどれほどの効果があったのかを検証する瞬間だったように思う。

意外だったのは、エドガー・アラン・ポーが考案したと言われる「振り子の刃」。「ゼロ」の中でも使われた有名な拷問具だけれども、実際検証してみると、振り子の運動の力では、体を切断することは出来ずに、ただ少し皮膚を切り裂いたところで、摩擦によって止まってしまうみたい。全く虚仮威しだった。

他にも、有名な、人間の股間からノコギリで轢いていく拷問。腰の骨をくだいたとか、まっぷたつにしたとか、そんな記述も残っていながら、実際にダミー人形と当時のノコギリで実証してみた結果、力が分散してしまい、全然、拷問としての効果はなかった。(もちろん、人間を殺傷する事は出来るけれども。)

まぁ、何しか、本を読んで実際の状況を頭の中で妄想するよりもはるかに、色んな情景を見ることができた。

凄い。人間の悪意はここまで、どす黒く広がっていくんだ。

ちょうど、頭の中にあった拷問をテーマにした物語のイメージがすごくいい感じに浮かんできたような気がする。

ひとつは、「処女はアイアンメイデンに入れて殺すに限る」。

そして、もうひとつは「子供は老人に励まされた」。

どちらから手をつけるべきか。

早く書きたくてウズウズとする時間のはじまりだ。

拷問、カニバリズムを含めたパラフィリアにどうして、こうも心惹かれるのでしょうか・・・

嫁についつい噛み付いてしまう志茂田さんなのでした。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。