超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年11月04日21:58

ブラックホールバースディ

お散歩で行く神社。坂の上にあるので、階段を登っていかなきゃあいけない。その階段の上から2段目当たりにいつも2匹の大きな丸々と太ったナメクジさんが居て、嫁と2人でそいつらの事を狛犬的ナメクジと言うことで「こまなめ」さんと呼んでた。雨の日も、真昼間でもいつもその階段には、2匹の「こまなめ」さんが居て、神社に上がっていく途中で、オレと嫁は、「こまなめ」さんに挨拶して、踏まないように気を付けて歩いてた。な...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラックホールバースディ
2011年11月04日21:58      cat  :  気分
お散歩で行く神社。

坂の上にあるので、階段を登っていかなきゃあいけない。

その階段の上から2段目当たりにいつも2匹の大きな丸々と太ったナメクジさんが居て、嫁と2人でそいつらの事を狛犬的ナメクジと言うことで「こまなめ」さんと呼んでた。

雨の日も、真昼間でもいつもその階段には、2匹の「こまなめ」さんが居て、神社に上がっていく途中で、オレと嫁は、「こまなめ」さんに挨拶して、踏まないように気を付けて歩いてた。

なのに・・・今日。

たまたま、懐中電灯を持ってなくて、ケータイの電池もなくて、照らすものがなかった。そして、帰りに「こまなめ」さんの内の一匹を踏み殺してしまった。

「ピギャ」って言う音。

よく見ると、「こまなめ」さんの内臓が露出し、夜なのに体液がヌメヌメと光ってた。

そして、しょんぼり。

今も、しょんぼり。

しばらくは、しょんぼり。

普段、何食わぬ顔で「平べったもんさん」を叩き殺してるけど、しょんぼり。

オレは、キッと命を差別してるわけで、それは、しょうがない事だと思う。

すべての命を平等に悲しんだり、喜んだりは出来ない。

その上で、今、明日から「こまなめ」さんの内の1人にもう会えない。しかも、オレが踏み殺したせいで、もう会えないと言う事実に、しょんぼり。

帰り道。だいだらぼっちが、オレを踏み殺したって、もう文句は言えないとか、そんなことばっかり考えてた。

「こまなめ」1には、明日、こっそりお墓を作ってあげようとか思ってる。

多分、人間なんてそんなもんだ。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。