超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年10月26日21:52

オレ達はとんでもない勘違いをしていたようだな。

アメリカの同時多発テロが起こった日は、2001年9月11日。んで、この前の東日本大震災が起こった日は、2011年3月11日。二つを足すと、2012年12月22日。そう、マヤ文明で言う第5の太陽太陽の時代が終わり、人類が滅びるという日だ。この符号をただの偶然と見るかどうか。・・・は、置いといて、そう言うわけで、人類滅亡と言うシナリオには、俄然真実味が増した。もはや、疑う余地はない。ノストラダムスの「諸世紀」みたいな曖昧な...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オレ達はとんでもない勘違いをしていたようだな。
2011年10月26日21:52      cat  :  気分
アメリカの同時多発テロが起こった日は、2001年9月11日。

んで、この前の東日本大震災が起こった日は、2011年3月11日。

二つを足すと、2012年12月22日。

そう、マヤ文明で言う第5の太陽太陽の時代が終わり、人類が滅びるという日だ。

この符号をただの偶然と見るかどうか。・・・は、置いといて、そう言うわけで、人類滅亡と言うシナリオには、俄然真実味が増した。もはや、疑う余地はない。ノストラダムスの「諸世紀」みたいな曖昧な推測じゃあない。確実は、殲滅の時は、実際に目の前に現れている。

例えば、90年代初頭。

その頃から、このマヤ文明の滅亡の話は、全世界的に(主にムー的に)取り上げられていた。でも、当時、天変地異で人類が滅びるなんて、誰も信じることはなかった。むしろ、1999年の恐怖の大王の方が真実味がある。と言うほどに、荒唐無稽な話だった。

所が、それから20年近くがたった今。

急激な温暖化、海面の上昇、異常なゲリラ豪雨にハリケーン、モンスーン、台風、トルネード、そして、世界各地で頻発する地震、火山の噴火、異常気象などなど・・・もはや、来年、今年と同じような気候だと言う保証はどこにもなくなってる。

20年前には、誰も荒唐無稽な話として信じなかった、天変地異による人類の滅亡は、全くありえない話じゃなくなってる。

20世紀、この事を本気で指摘していたのは、亜樹 直もとい、天樹征丸もとい、安童夕馬もとい、樹林 伸とムー編集部と、あと「あすかあきお」とか位だったと思う。

特に記憶に残ってるのは、「MMR」における、太陽系惑星のグランドクロス。そして、それによるポールシフトについての報告の回。

今回危惧されてるのは、惑星直列だから、若干違うけど、ある意味。まさに、「MMR」には圧倒的先見の明があったと言うことだろうて。

mmr03.gif

古本屋へ走れ!!

バシャールの信者たちよ。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。