FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2006年04月01日23:21

2デノナルーフルリプイエ

 仕事帰り、いつものようにご飯を買いにコンビニに行った。いつも通りの一日だ。でも、その日は違った。そのコンビニ内の空気さえも変えてしまう力を持った一人の女性がいたのだ。久しぶりに、込み上げて来る衝動をこらえきれなくったオレは、コンビニを出た後、その彼女をつけた。 どうやら、彼女は一人暮らしのようだ。それを確認したオレは、何食わぬ顔で、彼女の部屋のインターホンを押した。 「は~い」 イメージ通りの可...
この記事を見てみる  ⇒
2デノナルーフルリプイエ
2006年04月01日23:21      cat  :  世界観
 仕事帰り、いつものようにご飯を買いにコンビニに行った。いつも通りの一日だ。でも、その日は違った。そのコンビニ内の空気さえも変えてしまう力を持った一人の女性がいたのだ。久しぶりに、込み上げて来る衝動をこらえきれなくったオレは、コンビニを出た後、その彼女をつけた。

 どうやら、彼女は一人暮らしのようだ。それを確認したオレは、何食わぬ顔で、彼女の部屋のインターホンを押した。

 「は~い」

 イメージ通りの可愛い声が聞こえた。

 「すみません。お届けものです。」

 どうやら、まだ一人暮らしを始めたばかりで慣れていないようだ。彼女は簡単にドアを開けてくれた。オレは、ドアに足を入れて閉められないようにして、部屋の中にあがりこんだ。

 「エ?エなんですか?」

 彼女がそう言い切る前に、オレは彼女の服に手をかけた。おそらく裸になってしまえば、もう逃げ出す事はできないだろう。そう考えたのだ。

 「痛い!!」

 彼女が叫んだときには、オレは彼女の服を破き去った。服と一緒に彼女の肌もつかんでいたらしく、彼女の鎖骨あたりからは出血が見て取られた。だが、それもお構いなく、オレは彼女の体を纏っている布を次々と引き裂いていた。程なくして、彼女は哀れもない姿になっていた。

 「・・・な・・・なんでこんな事?」

 胸を隠そうと、両手を胸の前で交差しながら彼女はただただ、つぶやいた。これ以上ないほどに唇を吊り上げたオレは、ただ静かに彼女の両手を掴んで、着けていたベルトできつく縛り上げた。

 「今日から、お前はオレの肉奴隷だ」

 その瞬間、『聡美』と言うその彼女は、オレの新しい奴隷となった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム