超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年10月22日22:52

死ぬまでROCK!

ついに手元に来たぜぃ!!(↓)と、フラゲ出来た感動から、写真など撮っては見たものの、発売日から幾分か経ってしまった今となっては、それもある意味、諸行無常よ。ではでは、全曲感想でも。(↓)1.プロローグだから、ミニアルバムとかで、こう言う事をするじゃないよ・・・と思いつつも、何か、久々にいい感じの出だしだ。誰かわかんないけど、声も凄くいい。これ、加工とかしてないんなら、かなり選ばれた声の持ち主だと思う...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死ぬまでROCK!
2011年10月22日22:52      cat  :  気分
ついに手元に来たぜぃ!!(↓)

死ぬまで

と、フラゲ出来た感動から、写真など撮っては見たものの、発売日から幾分か経ってしまった今となっては、それもある意味、諸行無常よ。

ではでは、全曲感想でも。(↓)

1.プロローグ
だから、ミニアルバムとかで、こう言う事をするじゃないよ・・・と思いつつも、何か、久々にいい感じの出だしだ。誰かわかんないけど、声も凄くいい。これ、加工とかしてないんなら、かなり選ばれた声の持ち主だと思う。ちなみに、バックに流れてるのは、この後に出てくる「ビザール」のメロディだよな?


2.飼育
いきなり犬神節炸裂の名曲。サビの所での狙ってんのかマジなのかよく分からない「1、2、3」と合いの手の「4、5」が何とも犬神サーカス団の真骨頂といったところ。この感じからなんか「血まみれ内蔵ロックンロール」を思い出したのはなんでだろう?


3.死ぬまでRocK
表題曲。表題曲にして、このアルバムで一番軽い楽曲。この曲をもっとポップにすれば多分「洗脳」になると思う。とは言え、実に作り込まれた編曲。よく聞くと、かなり色々と音を重ねている事も分かると思う。それでいて、軽い「ロックンロール」を表現しているとしたら、それはホント凄いセンスだ。重厚な軽いロックンロール。と言った感じ。


4.猟奇の国のアリス
99%元ネタは「エド・ゲイン」だと思う。人骨のロッキンチェアーとか特にそんな感じだ。でも、どんな猟奇な世界観を書いたとしても、それが「地獄の子守唄」に匹敵するかというと、それは難しい話。ラストで、ドラムのリズムがリードシンバルになるのが、何かガクッとなることと、全編に使われてるリフの繋ぎの所が「最新型アンドロイド」のリフとそっくりなことを除けば、最高のロックチューンだね。


5.ビザール
さっきのが「エド・ゲイン」を元ネタにしているなら、こっちは間違いなく「ソニー・ビーン一家」を元ネタにしてると思う。「ソニービーン一家」にしては、不気味さが随分薄れたような気もするけど。イメージとしては「エドワード・ゴーリー」の世界観だろうか?3拍子の曲は基本的に大好きなので、実に心地いい。このアルバムで一番好きな1曲だ。


6.死人華
出だしを聞いた瞬間「慈愛」みたいなだる臭いバラードか・・・とがっかりするけど、その感情は見事にぶち破られて「ドグマの呪い」以来の情次兄さんのバリバリロックが聞けてしまう。ライブでノリノリになる事は当たり前のこと、それ以上の深みのあるメロディーラインが、まさに情次兄さんという感じ。


7.桜散る中
シングルカットも(ミニアルバムで、シングルカットってどうよ・・・と思いつつも)された名曲。言っちゃあ悪いけど、「Dead End Kids」の比じゃない。滅茶苦茶いい曲。そして、アルバムの締めにピッタリ。例えば、これを一つの映画としたとき、この曲エンディングに流れるだけで、いい映画を見た気分にさせてくれるような、そんなパワーを秘めた傑作だ。


8.エピローグ
・・・で、これで終わり。相変わらず、声いいよなぁ~。そして、本当にあっという間。気が付けば終わってた。



と、全体的に8曲でしかも、1,8曲目が曲じゃあない事に少々不満は残りつつも、1曲1曲のクォリティーが異常に高いので、正直「ビバ!アメリカ」より、濃い時間を過ごせるような気がする。(結局、「アメリカ」の中で、今でも聴いてる曲は「メメントモリ」「ニュークリーチャー」と「幽霊奇譚」位になっちゃったし・・・)ほんとに、クォリティーの高いアルバムだ。ここへ来て、まだまだこんな名盤をリリースするとは、ほんと底知れぬバンドだ。いやまぢで。

このクォリティーでフルアルバムとなれば、「残酷暗黒劇場」以来の傑作もきっと生まれるだろうて。(地獄の子守唄には届かなくとも・・・)

いや。ほんとに、素晴らしい作品をありがとうございました。

惜しむらくは、今度のレコ発ツアーで四国には来ないということか・・・こんな名盤出しといて、来ないなんて、ただ恨めしいだけの日々です。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。