超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年09月18日21:30

さぁ行こうぜ 絶望のわずかなこっち側へ

小雪だけは、絶対に誰が何と言っても美人ではない。と、声高に叫びたいです。世の中の美人の基準が分からない。「いきものがかり」のボーカルの子を可愛いと言ったら、ブス専だと言われた。それなのに、冨永愛とか小雪が美人だと言われている・・・クリスタルケイとか、JUJUについては、誰もあえて何も言わない。一体、この世の中は何を基準としているんだろう。そして、全員顔の作りに違和感のあるK-POPの皆様方など、ただ気持ち...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ行こうぜ 絶望のわずかなこっち側へ
2011年09月18日21:30      cat  :  気分
小雪だけは、絶対に誰が何と言っても美人ではない。と、声高に叫びたいです。

世の中の美人の基準が分からない。「いきものがかり」のボーカルの子を可愛いと言ったら、ブス専だと言われた。それなのに、冨永愛とか小雪が美人だと言われている・・・クリスタルケイとか、JUJUについては、誰もあえて何も言わない。一体、この世の中は何を基準としているんだろう。

そして、全員顔の作りに違和感のあるK-POPの皆様方など、ただ気持ち悪いだけ。何か、あそこまで露骨に作られた顔なのが分かってしまうと、さすがにもうダメだ。あの、気持ち悪い違和感がなぜ、受け入れられるのか。

ほんと、世の中の基準が分からない。

とりあえず、整形サイボーグについては、分からないと思っているのは本人だけで、冷静に見たらバレバレ何だと言う事で。

さてさて。

弟に勧められて「G戦場のヘブンズドア」を読んだ。・・・今更ですけれども。

で・・・滅茶苦茶面白かった。

あり得ない展開があり、ご都合主義なキャラ設定があったけれども、そんな事気にもならない位面白かった。そんなもの、後から考えると「何だか、都合いいな・・・おい。」と思うだけで、読んでる最中はただ「うおおおおおお!!」ってなってた。

いや。まぢで面白い。

時期的に、よく分からないけれども、「バクマン」と比べるべくもないほどに面白かった。どうしちゃったんだガモウ・・・と言うか、願わくば、この「G戦場のヘブンズドア」を元ネタとして「バクマン」が生まれたんじゃあない事を切に願う。ガモウは、そんな事をしない人だと信じたい。

たまたま、少しかぶる部分があっただけなんだろう。

そう信じたい。

そして、うずうずと創作意欲が湧いてきたよ。ワトソン君。

創作とは、こう言うものなんだろう。

まんが道 >>>>>> G戦場のヘブンズドア >>> バクマン >>>>>>>>(超えられない壁)>>>>>> ボクマン

と言う、感じに心に響いて、そして、心臓を鷲掴みにされた。

思うのは、やはり構成だよな。

「万祝」読んだ時も思ったけど、「G戦場のヘブンズドア」も、たった3巻とは思えない読後感だった。バクマンが、もう10何冊も続いている事を思うと、構成力って何なんだろう・・・と改めて考えた。

ガモウの「デスノート」での、あの詰め込んだ展開(まぁ、それでも後半読むのだるくなるけど)を考えても、バクマンのぐだっぷりには、ただただ失望するのみ。ワンピースには、もはや何も期待しておりません。はやく、オチだけ教えてもらいたいです。

多分、マンガって、短くきれいに、しっかりと纏まって完結してこそ名作なんだろうと思う。

終わりが悪ければ、それだけで、駄作となってしまう訳で、その意味でもこの「G戦場のヘブンズドア」は本当に面白かった。

またひとつ、名作を読んでしまった。

この感動をいつまでもいつまでも味わい続けたい。

「ヒストリエ」も実は、展開の感じからして10巻前後で完結するんじゃないかと・・・岩明均先生は、きっとそこまで計算していると信じたいものです。

と、ここまで書いてて、頭の中に「ジョジョ」の事が・・・

圧倒的例外も存在すると言う事で。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。