超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年09月03日16:20

初めて口にする人肉はとても甘く芳しく柔く

「神聖かまってちゃん」の曲を聴いた。初めに聴いたのが「ロックンロールは鳴りやまない」(だっけ?)だったもので、すごいバンドが出てきたのかと思ったけど、それ以外のどれを聴いても、ただの僻みしか、そこには存在しなかった。だったら、筋肉少女帯の「蜘蛛の糸」を聴いてた方が気分が良い。誰もが持ってる負の感情。それを、ただ、そのままに外に出してるだけだった。絶望的な、悪意。負の感情を、どす黒い物語として紡ぎ出...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めて口にする人肉はとても甘く芳しく柔く
2011年09月03日16:20      cat  :  気分
「神聖かまってちゃん」の曲を聴いた。

初めに聴いたのが「ロックンロールは鳴りやまない」(だっけ?)だったもので、すごいバンドが出てきたのかと思ったけど、それ以外のどれを聴いても、ただの僻みしか、そこには存在しなかった。だったら、筋肉少女帯の「蜘蛛の糸」を聴いてた方が気分が良い。

誰もが持ってる負の感情。それを、ただ、そのままに外に出してるだけだった。

絶望的な、悪意。負の感情を、どす黒い物語として紡ぎ出すから表現なのであって、あれは、そんなものじゃあない。

「神聖かまってちゃん」ファンの皆様方には、是非ともナゴム時代の筋肉少女帯を聴いてもらいたい。そうすると、きっとこの話の意味もわかると思う。

さてさて。

「永遠の向こうにある果て」の執筆もひと段落。次の新作「子どもは老人に励まされる」に取り掛かるまで、少し休憩でもしようかと思いつつ、今、せっかく乗ってるし、このまま取り掛かってやろうとも思っている。

う~ん・・・どうしようかなぁ~。

そんな中、頭の中でひとしきり考えて見た。

「殺す」と言う事について。

オレの作品を読んだり、見たり、聞いたりした事のある変態さんがたには、ずた漏れかと思うけど、とにかく、オレの書く物語は殺害のオンパレード。それが、時には「快楽殺人」だったり、「自殺」だったりと形は色々では、あるけれども、人が死なない話とか、多分、無いような気がする。あまつさえ、カニバリズムに走るものまで結構ある。

・・・で、次の作品。「子どもは老人に励まされる」もご多聞にもれず、しっかり殺害行為がある。

生き生きと殺す。

と言う事で、その前にそもそも「殺す」と言う行為について、少しだけ掘り下げて見よう・・・と、思った次第でございます。

そもそも、生命活動を強制的に(時には、暴力を伴いつつ)停止させる行為を「殺す」と言う、動詞で表現していると、今は、取り合えず考える。

ただ、なんと言うか、オレの中にある「殺す」に対する感覚は、英語で言うところの「KILL」とは、少し違ってたりする。

生命活動を停止させる。その行為よりも、その背景にある行為に及んだ人間の心持こそ、何をおいても大切に考えるべきだと思う。行為じゃあなくて、意思。

「殺す」と決めた理由が例えば、憎しみだったとする。

でも、憎しみを晴らすために殺す事は、ひとえに、「どうしても許せなかった。」とか、「あいつのために殺した」とか、一様に、なんだか、相手(ここで言うところの殺す対象)の存在があり、その相手に対する感情があったりする場合が何しか多い。

もしかしたら、「殺した分の罪の重さ、命の重さを背負って、これから先、罪の意識と共に生きる。」そんな、覚悟さえ、なんだか、垣間見えてきたりする。

それが、殺す。と言う行為なんだろう。

日本式の「殺す」には、そんな背景をみている。で、欧米式の「KILL」に対してはどうかと言うと、そこはそれ。相手に対する感情のない、本人の感情のみを優先した行為じゃあないか。

そうでなければ、「エノラゲイ号」を英雄視している、アメリカの倫理観をどうしたって、納得する事が出来ない。蔑み、嘲笑の的とし、自分たちの感情の為だけに殺害するわけであって、その殺した相手は、叩きつぶしたゴキブリと同じようにしか考えていない。

それが、「KILL」の感覚だと思う。

歴史的背景。文化的背景も多々ある。

肉食の欧米だからこそ、生き物を殺すと言う行為に対する、日本とは違う価値観を持ち合わせている事も当然な訳で、そこに良いとか、悪いとかは存在しない。

ただ、そうあっても、オレが日本人な以上。どうしたって、日本式の「殺す」の感覚が好き。

「殺す」と言う行為は、決して、痛快な行為じゃあなくて、ほの暗く、もの悲しい行為なんだと思う。

これからも、ずっとずっと物語を作り続けていくと思う。けれども、どんな物語だとしても、どれだけ人が死んだとしても、その大前提だけは、崩す事のないように。

いつの時代でも、殺害のイメージは「兄の病の特効薬は死臭漂う血の池地獄のような人肉スープの形而上学」なのです。オレの場合わ。

殺す時は、相手の目を見て、テンポ正しく刺しましょう。

血液のワルツが、あなたを彩ってくれる事でしょうね。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。