超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年08月15日00:25

いつか二人で泳いだ川は水死体がよくあがる

しばらく放置していたりした。多分していた。何か、そして、何だか今日は疲れてるので、何だか少しだけ箇条書きででも。○誕生日前日、ビアガーデンに行く。結婚式を挙げたホテル。酒を片手に、下に見える自分たちが鳴らしたカリオンの鐘を見て、夢見心地はまだまだ続いていると実感した夜。○誕生日当日は、プールに泳ぎに行って、カラオケ行って、夜には、天体望遠鏡で、天体観察。オレは、多分泳ぐ事が好きだと思う。ほっといたら...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつか二人で泳いだ川は水死体がよくあがる
2011年08月15日00:25      cat  :  気分
しばらく放置していたりした。多分していた。

何か、そして、何だか今日は疲れてるので、何だか少しだけ箇条書きででも。

○誕生日前日、ビアガーデンに行く。結婚式を挙げたホテル。酒を片手に、下に見える自分たちが鳴らしたカリオンの鐘を見て、夢見心地はまだまだ続いていると実感した夜。

○誕生日当日は、プールに泳ぎに行って、カラオケ行って、夜には、天体望遠鏡で、天体観察。オレは、多分泳ぐ事が好きだと思う。ほっといたら、いつまででも泳いでいる。足が攣っても泳いでる。プールから出たあとの、尋常じゃない疲労感は、泳いでる間は夢中すぎて気がつかない。そして、クレーターまで見える天体観測に感動。月の「うさぴょん」は近いうちにオレが見つける。

○ヤングアニマルに投稿してたマンガが帰ってくる。評価と共に。圧倒的自信作を、ただの手抜き雑な絵として、低評価されていた。書き込みが多い事が、パースが取れていることがそんなに重要なんだろうか・・・出す雑誌を間違ったのか・・・とりあえず、ちゃんと絵を描いている別の作品を投稿して見て、評価を見てみる。それで、低評価なら、元々マンガなんか描けはしないと言う事だろう。

○お盆休み当日。徳島の文化の森へ「手塚治虫展」を見に行く。ただ感動。「紙の砦」の「火の鳥」の「ブラックジャック」の「MW」の「ブッダ」の原画が見れた。全て、そのシーンが脳裏に蘇ってくる。原画を見ていて涙ぐむとは・・・犬神ジン兄に握手してもらった時以来の落涙だ。

○レコーディング。「ニーナ+1」と言う簡易ユニットで、3曲録音。全部一発撮り。「風をあつめて」「もよもよの風」「おまけの一日」。CDとかは作ったりしない。自己満足で、とりあえず、形にはする。そして、宝物としていつまでも持ち続ける・・・と思う。

○初音ミクのコスプレを見るために、近くのゲーセンへ。コスパではなく、ただのミクゲーイベントで、一人しかコスッてる奴がいなかった。と言う、無念っぷり。彼が、かつての「馬忠・DA・ムドー」のメンバー(だったっけ?)だと思うと、違う意味で感慨深い気がしないでもない。

○親戚集まってのバーベキュー。この手の集まりでは、嫁共々嫌な思いをすることも良くあったんだけど、今回は特になし。気は使ったけど、うまい肉を食べて、そして、皆ニコニコのうちに終了した。満足満足。こう言う時、嫌な顔を(ちょっとはするけど)しないで、親孝行、ばーちゃん孝行に協力してくれる嫁にはただただ感謝の一言です。

○お盆なので、お墓参り。毎年、先祖に対する感謝の念が増していく。そして、墓参りの大切さをかみ締めていく。この受け継いだものを、キッとオレも次世代に伝えていけなきゃいけないような気がする。子作りを含めて。

そんな、とても濃い時間を過ごしていた。

そうして、創作意欲も含め、色々とやりたい事も出てきた。

明日以降の盆休み後半戦は、家の中で、色々やろう。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。