FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2006年03月31日22:09

最後の暴走

 明日から社会人って事で、最後の暴走をしてみました。夢・希望に溢れる子ども達を絶望のふちに叩き落す、地獄のジャイアンリサイタルin「石の民俗博物館」。 って事でまず、撮影係のブーを連れて、とある公園・・・って言うか、牟礼にある「石の民俗博物館」の前にある広場に向かう。 行くと、さすがに春休みだけあって、平和そうな親子連れがわんさか。駐車場は、車でいっぱい。・・・予想以上に人が多い。こんな所でオレは...
この記事を見てみる  ⇒
最後の暴走
2006年03月31日22:09      cat  :  遊び
 明日から社会人って事で、最後の暴走をしてみました。夢・希望に溢れる子ども達を絶望のふちに叩き落す、地獄のジャイアンリサイタルin「石の民俗博物館」。

 って事でまず、撮影係のブーを連れて、とある公園・・・って言うか、牟礼にある「石の民俗博物館」の前にある広場に向かう。

 行くと、さすがに春休みだけあって、平和そうな親子連れがわんさか。駐車場は、車でいっぱい。・・・予想以上に人が多い。こんな所でオレは、ジャイアンリサイタルを開く事ができるんだろうか・・・多分、想像を絶する寒さと冷たい視線の中、やり切らないといけない。駐車場で、精神集中する事10分。車のミラーに自分の顔を写して「オレはできるオレはできる」って自己暗示をかけ、いよいよギターを手にする(↓)

    



 そして静かに、わんさかいる子どもの「あ!!ギターが来た」と言うありがたい言葉と、目を逸らして合わしてくれない親御さんの中をギターを手に練り歩く。舞台と決めた、飛び出た石の先に立ち、いよいよギターを弾き始める。(↓)
  


 下にいる子どもの冷たい視線を浴びながら仁美・mineの新曲「悲しみを具現化できる世界」を歌う。「夢はかなう。そんなこと言われても無理でした」と言う、夢も希望も無い歌を、前途有望な子ども達に聴かせるんだ!!

 ・・・でも、最後まで歌えなかった・・・オレもまだまだ未熟者ですわ。帰りもやっぱり、たくさんの子どもと親御さんたちの中を練り歩く。「あ!!今度は降りてきた」と言う子ども達の暖かい声と、やはり目を合わせてくれない親御さん。

 最後の無茶をしました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム