超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年08月02日01:47

おんがくのはなし

小説「永遠の向こうにある果て」を執筆する為に(と言うか、そのテンションを上げるために)何しか、昔作った楽曲とかを聴きまくっている。んで、自画自賛。やっぱり良い曲書いてきたなぁ~オレ。と言う、自慢を何となくしたくなったので、そんな感じで、少しだけまとめて置くです。んで、その内、facebook上で(と言うか、soundcloud上で) 後悔 公開すると思うので、そんな感じで、ゴーゴー。↓↓↓↓↓↓↓↓○一番の自信作「近代日本...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おんがくのはなし
2011年08月02日01:47      cat  :  気分
小説「永遠の向こうにある果て」を執筆する為に(と言うか、そのテンションを上げるために)何しか、昔作った楽曲とかを聴きまくっている。

んで、自画自賛。やっぱり良い曲書いてきたなぁ~オレ。

と言う、自慢を何となくしたくなったので、そんな感じで、少しだけまとめて置くです。んで、その内、facebook上で(と言うか、soundcloud上で) 後悔 公開すると思うので、そんな感じで、ゴーゴー。

↓↓↓↓↓↓↓↓


○一番の自信作
「近代日本における危険性への警告を綴る」
(↑)これは、間違いないと思う。

○二度と同じクオリティーで作れなさそう
「Don't 永眠ファラオ」
(↑)奇跡に近い傑作だと思う。二度と弾けない、二度と歌えない自信がある。

○歌詞がお気に入り
「4千年王国」
(↑)まぁ、オレが歌ってないんだけども。んでも、この歌詞を書き上げた時には、「やっぱりオレは天才だなぁ~って思ったわ。」

○メロディーラインがお気に入り
「ジャム地獄ジャム」
(↑)色々と悩んだけれども、やっぱりここかなぁ~。

○泣いてしまう奴
「白い世界」
(↑)ただ、完全にオリジナルじゃあないと言う点で、不満タラタラではある。

○ひとつの到達点
「蛇女外道節」
(↑)何か、ずっとやりたかった事のひとつを思い通りの形で表現できたと感慨深かった。

○製作に苦労した
「子守られの唄」
(↑)とにかくコードが見つからなくて、凄い時間がかかった記憶がある・・・

○いつか何とかしたい
「覚え書き」
(↑)実は「どげざすたぁ~」で、リアレンジしようかと思ってたけど弟に「現在の戦闘力で立ち向かったらズタボロになる」と却下された。いつか、その内・・・

○奇跡の1曲
「砂泥底」
(↑)こんな曲を二度と書けるはずもなし。

「ナスルーラのクロスを持つツジノコミチ」
(↑)どれだけアレンジのパターンがあることやら。代表曲だ。間違いなく。

○何気にお気に入り
「アイエルマ」
(↑)ほとんど日の目を見てない「有江不尾 雄眞のレポート」のしかもボーナストラックと言う・・・名曲なのに・・・

○やっぱりこれ
「果て.1」
(↑)何だかんだと言っても、一番完成度が高い曲は結局コイツなんだろうな・・・と。

○チョッとやっちまった奴
「志茂田さんのプログレ」
(↑)自分の名前を入れてしまった上に20分もある大曲なのに、なんだか少しがっかりな出来かと。

○痛くて痛くて
「ふーふー」
(↑)聴いててへこむ。歌っててへこむ。今にして思えば、どんな心理状況だったらこんな歌を作る気になったのやら・・・


・・・って、書き出したら、いつまででも書いてしまうので、この辺でやめとく。

そして、眠いのでもう寝る。

ただ不毛な自慢でした。

おやすみにゃん。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。