超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年08月01日00:35

現れたアウシュビッツ

面白いネタが結構引き出しの中にたまってる。今。それは、妄想のネタであったり、実際の体験であったりとさまざまなんだけれども、ひょんな事から、後1ヶ月以内に小説「永遠の向こうにある果て」を書き上げなければいけない事になってしまったので、そっちに、全てをつぎ込んで言ってる感じになってしまった。そうやって書き上げた作品は、果たして素敵な物語になるんだろうか・・・?そもそも、これからあのお話がどうなって、そ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現れたアウシュビッツ
2011年08月01日00:35      cat  :  気分
面白いネタが結構引き出しの中にたまってる。今。

それは、妄想のネタであったり、実際の体験であったりとさまざまなんだけれども、ひょんな事から、後1ヶ月以内に小説「永遠の向こうにある果て」を書き上げなければいけない事になってしまったので、そっちに、全てをつぎ込んで言ってる感じになってしまった。

そうやって書き上げた作品は、果たして素敵な物語になるんだろうか・・・?

そもそも、これからあのお話がどうなって、そして、どう収束していくのかオレも全く分からない。

面白いのか?面白くないのか?

そんな基本的な事さえも分からない。

でも、物語を紡ぎ出すってそんなものだと思う。

さてさて。

庭に、蜂が沢山いる。家の近くのどこかに巣があるんだろうけど、とにかく、沢山蜂がいる。

ぬんちゃくのお散歩も、庭の手入れも、洗濯物を干すのだって、今のままじゃあ、容易ではないわい。(それをするのが、嫁だという事はおいといても)しかも、それがミツバチくらいなら可愛いものを、結構大きなアシナガバチだったりするもんだから、本気でビビッてしまう。

・・・と言うわけで、タナポンとこで、虐殺できるアイテムをゲット(万引きはしてない)してきて、レッツ虐殺!!

気持ちよく殺せる奴を要求したので、凄い強力な奴をくれた。(万引きはしてない)

飛んでる蜂でも、しゅ~って吹きかけると、すぐに死ぬ。

ビックリするぐらいあっさり殺す事が出来る。

命を奪うなんて、本当に簡単なことだ。

ただ、一つだけ問題が・・・即死は、しないんだよ。当たり前だけど。

吹きかけられた蜂は、多分、全身の筋肉が痙攣を起こし、まず動けなくなる。そうして、地面に墜落した後、とてつもない苦痛にさい悩まれるんだろう。ビクビクと痙攣しながら、苦しそうに手足を動かし、口をパクパクし、針を出し入れする。

そのまま、数分間。

少しずつ。

少しずつ。

動かなくなっていき、最後には完全に動かなくなる。そして、多分死ぬんだろう。

そうやって、死んでいった蜂たちの死骸が、庭にたんまりとあった。

さながら、蜂のアウシュビッツ。丁度、ガスで殺してるし、まさにそんな感じ。

あまりにも、死んでいく様が残酷で残酷で、一思いに踏み殺した奴も結構いる。庭掃除の途中なら、ガリとかで頭を刎ねた奴もいた。マリア・マンデルみたく恍惚の中で、そんな事をしたわけじゃあなくて、本当に、蜂を殺す事に抵抗があるんだって。

あんなに苦しんで死んでいく様を見ていられないんだって。

例えば、蜂が、オレに対して何の危害を加える事がなければ、絶対的に何もしない。蝶やトンボが飛んでいても、捕まえたりもしない。

蜂だったから。

そう言い聞かせているものの、それでも、あの死に際の蜂の目が忘れられない。

そんなオレは、満足に虫も殺せないへたれ野郎と罵られるんだろうか?

いつか、オレもナラダッタのように、畜生道に突き落とされる時が来るんでしょうね。

アシタ聖人。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。