超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年07月19日00:41

はるかなる旅路。さらば友よの巻

スティールボールランを読み終わった。んで、少しだけ感想を・・・ネタばれを含むので、続きにでも書いときます。未読の奴は、絶対に見ないで、今すぐ本屋で全巻そろえることをオススメします。人生を無駄にしたくないのであれば・・・携帯から見てる奴とか、MIXI経由で来た不届き者とか、人生を無駄にして早く死んでしまいたい奴は、未読のままでもGoGoだ。(↓)...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はるかなる旅路。さらば友よの巻
2011年07月19日00:41      cat  :  気分
スティールボールランを読み終わった。

んで、少しだけ感想を・・・

ネタばれを含むので、続きにでも書いときます。未読の奴は、絶対に見ないで、今すぐ本屋で全巻そろえることをオススメします。人生を無駄にしたくないのであれば・・・

携帯から見てる奴とか、MIXI経由で来た不届き者とか、人生を無駄にして早く死んでしまいたい奴は、未読のままでもGoGoだ。(↓)

んで・・・

めっちゃ面白かったぞぉぉぉ!!荒木御大はやっぱり天才だ。

ジョジョの中で、どれが一番面白い?と言う、質問を繰り出すのならば、そこに一番は存在しない。それは、全ての話が全て、個性と特徴を持ち合わせていると言う奇跡な訳で、ワンピースにおけるバラティエやドラム王国とは、意味が違う。

ただ・・・

岸部露伴を筆頭に、ストレイツォやダイアー、エシディシ、シュトロハイム、スピードワゴンに、テンレス・T・ダービィー、ホルホース、プッチ神父、そして、DIOみたいな、一度見たらもう絶対に忘れられない濃いキャラがいなかった事。

「かかったなアホがぁ~」とか「震えるぞハート」とか「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁ~」とか「だが断る」とか「本体への攻撃はやめろと忠告したい」とか「GOOOOOOD!!」とか「素数を数えるんだ」とか「帝王はこのディアボロだ。依然変わりなく」とか「なにをするだぁー!!」とか「ダニィィィ!!」みたいな、ちびりそうになる程カッコ良いセリフもほぼなかった事。

が、少々残念ではあるけれども・・・

その分、ストーリーの面白さは、ジョジョ史上最高。

何で、エジプトに向かってるのかいまいち理由の分からない3部とは違うのだよ。謎だらけと言われつつも、実は誰も謎があるとも思ってなかったし、謎の解明とかもさほどなかった6部とも違うんだよ。

終わり方も最高にすっきりした。(もちろん、最強のスタンド「The World」があんなにあっさり倒される事には不満たらたらだけれども。)読後の爽快感は、もしかしたら過去最高かもしれない。

やっぱり、パラレルワールドになって終わるんじゃあ面白くないんだよな。

そして、これまでのファンがにんまりせずには居られない、同人誌かと言う、小ネタの数々。ジョナサンがダニーを勝っていたり、ジャイロが「回転は波紋」って言ってみたり、拳ラッシュの時に「オラオラ」言ってみたり、ディエゴ・ブランドーが「無駄無駄」言ってたり、その親父がダリオ・ブランドーだったりと・・・

個人的には、「D4C」と「The World」の戦いも見てみたかったけども。

しかし、ついにボスのスタンド能力が時間関係じゃなくなってしまったな。

第8部では、一体どうなっちゃうんだろう・・・

これからまた数年間我慢して、完結した時に一気読みして、この感動に再び浸ろう。

それまで、一先ずの間。

さらば。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。