超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年07月11日00:05

夏花火メタルとぬんちゃくのうんこ

今日は、久々に会う高校時代の先輩さん・・・と言うか、(多分)初恋の人と不倫デートに行って来た。んで、そのあと、嫁とデートに行って、夜、今年初めての花火を海で嗜んで今、帰ってきた。そんな感じの1日でした。そして、今晩、不意に開いた昔使ってたフリーメールのボックスの中。「そういえば、あのアドレスまだ残ってんのかなぁ~」と何とはなしに、開いてみて、ふと、下書きが10件ほどあった事を見つけた。何かと思えば...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏花火メタルとぬんちゃくのうんこ
2011年07月11日00:05      cat  :  気分
今日は、久々に会う高校時代の先輩さん・・・と言うか、(多分)初恋の人と不倫デートに行って来た。んで、そのあと、嫁とデートに行って、夜、今年初めての花火を海で嗜んで今、帰ってきた。

そんな感じの1日でした。

そして、今晩、不意に開いた昔使ってたフリーメールのボックスの中。「そういえば、あのアドレスまだ残ってんのかなぁ~」と何とはなしに、開いてみて、ふと、下書きが10件ほどあった事を見つけた。

何かと思えば、まだ嫁と付き合い始めた頃、アイツに宛てたメールの下書きだったわけで、そいつを思わず、目を通してた。今まで。

内容は、痛かったり、あまりにもプライベートすぎて公表など出来るはずもないけれども、読んでいた時に、その当時の思い出がびっくるするほど頭の中に広がってきた。特に、大学を卒業して、それまで一人暮らしをしてた下宿を出る最後の夜に書いたひとつのメールが・・・付き合い始めの頃、考えて見れば、その部屋には最近、すっかり忘れかけていたけど、思い出が山のようにあったりする。その時の気持ちを異常なまでに鮮明に蘇らせてくれた。

誰も知らない。

2人しか知らない。

そんな歴史が、なんだかんだで、積み重なって今年8年。

あっという間だった用ように思えても、その間、確実に時間は経って、何かしらを積み重ね続けてきたみたい。

思い出が止めどなく溢れてくる。溢れてくる。溢れてくる。

このメールの内容については、半永久的に保存しとかないといけない。

断捨離なんて、あほのする事だ。オレには、どうしたって捨てられない宝物が、物質でも、思い出でも、データでも数え切れないくらいにある。そんな流行でポイポイ捨てられるような、薄っぺらい思い出ばかりじゃあない。

そうして、後一日で死ぬような時にあって、改めて読んでみるんだい。

その時に、横で死に掛けてる嫁が居たら、それで何だか、この人生も悪くなかったような気がして、そのまま2人で一緒に目を閉じてしまおう。

少しだけ、妄想に浸る夏の夜。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。