超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年07月05日22:04

手足のない目をつぶされた声も出ない夜

近々、「ブロマガ」を発行して見ようかと画策してたりする。このブログ自体、基本的に誰でも見られるわけで、やっぱりどうしたって、人の目を一瞬気にしてしまう中で、書けないネタもある。そいつを、残しておく意味でも、思いっきり、ぶちまけてやろうと。ただ、色々問題がありそうだから、普通に誰の目にも見られないように。金払えば、読めるけど、金払う奴なんかいないだろう。そう考えての暴挙だったりする。いよいよ、あのネ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手足のない目をつぶされた声も出ない夜
2011年07月05日22:04      cat  :  気分
近々、「ブロマガ」を発行して見ようかと画策してたりする。

このブログ自体、基本的に誰でも見られるわけで、やっぱりどうしたって、人の目を一瞬気にしてしまう中で、書けないネタもある。そいつを、残しておく意味でも、思いっきり、ぶちまけてやろうと。ただ、色々問題がありそうだから、普通に誰の目にも見られないように。

金払えば、読めるけど、金払う奴なんかいないだろう。

そう考えての暴挙だったりする。

いよいよ、あのネタを解禁するときが来たわけだよ。ワトソン君。

さてさて。

丸尾末広氏の書く、まったく新しい「芋虫」を読んだ。原作は、言わずと知れた江戸川乱歩の大名作「芋虫」。こいつを読んだ事ない奴、ちょっとどうかしてるぜ。と、偉そうに上から目線でのたまいたくなる。そんな名作。ぜひ「蟲」と共に、未読のうんこ野郎は読めば良い。

で、この「芋虫」。

素晴らしいディティールと圧倒的完成度を持つ傑作だった。

もう、面白いとか、感動するとか、そう言うレベルの作品じゃあない。どうかしちゃってる作品だと思う。江戸川乱歩の世界を表現する。と言う、とてつもない難題に、真正面からぶつかっていき、そうして、引き分けぐらいには持ち込んだんだろう。そんなイメージの作品。(「乱歩地獄」における「芋虫」は、あえて、真正面からぶつからずに、横道から攻め込んだ快作として・・・)

兵頭和也風に言えば「一線を画す純愛ストーリー」だ。ただし、それは「愛よりも剣」ではなく「芋虫」が。だけれども。

人を愛すると言うことは、キッとこう言う事なんだろう。

人間の本性は、断末魔に現れるんだ。そうなんだろう。福本先生よ。

「5年後の世界」を聞きながら、「芋虫」を読む。と言う、この幸せな感じが、あなた様に分かるだろうか・・・?素晴らしい作品にどっぷりとつかる事は、キッと、インスピレーションとかを養ったりもできる。引き出しだって、少しずつたまっていく。

今、撤収の時間の中で、そう考える。

死ぬ時も、生きる時もきっと今に違いない。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。