超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年05月17日22:17

ツキノヨルオロチノチニクルフイオリ

今夜の月は赤かった。赤い月を眺めた記憶はほとんどない・・・と思う。ただ、今夜、誰の頭上にもあの赤い月は出ていた訳で、そう考えたとき、一体どれだけの人があの赤い月を見たのか。そんな事ばかりに、心を囚われているのでした。さてさて。映画を見た。最近、はまってる三木聡監督さんの「図鑑に載ってない虫」。どちらかと言うと、支離滅裂な物語に、あまりにも独特な世界観が多い三木作品なんだけど、この作品は思いのほかス...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツキノヨルオロチノチニクルフイオリ
2011年05月17日22:17      cat  :  気分
今夜の月は赤かった。

赤い月を眺めた記憶はほとんどない・・・と思う。

ただ、今夜、誰の頭上にもあの赤い月は出ていた訳で、そう考えたとき、一体どれだけの人があの赤い月を見たのか。そんな事ばかりに、心を囚われているのでした。

さてさて。

映画を見た。

最近、はまってる三木聡監督さんの「図鑑に載ってない虫」。

どちらかと言うと、支離滅裂な物語に、あまりにも独特な世界観が多い三木作品なんだけど、この作品は思いのほかストーリー自体がしっかりしていた。ちゃんと、最初から最後に向かって物語が展開していく。

こう言うと、当たり前なんだけど、いつものあまりにも独特な三木聡ワールドをそのままに残して、物語が成り立っている事が凄い。そして、相変わらずの最高に変態な脇役たちが物語を盛り上げる感じか?特に、臨死体験ショーのくだりなんか、見てて鳥肌が立つほど凄かった。面白かったんだ。げらげら笑ったんだ。でも、鳥肌が立つほど凄かったんだ。馬鹿馬鹿しいんだけれども、一つ一つの演出や小道具、雰囲気があまりにも秀逸。そうして、しれっと語られる会話が実に深く心理をついていると言う・・・そして、至る所で爆笑。

ん~素晴らしい。

んで、ふと思い浮かんだのが「これはナイロン100℃じゃないか」と言う事。

先日「罪とか罰とか」を見てたときにも何だか似たような感覚に取り付かれた。(ただし、ケラの方が圧倒的に黒い笑いだけれども。)

そんな目線で見てると、実に、ナゴム臭いと言うか、バンドブーム臭い演出がチラホラと・・・

サヨコがヘビメタバンドで、客席に豚の内臓をぶち巻くシーンとか、丸々スターリンじゃないか。オレの大好きな「臨死探検ショー」だって「グルグル使い」だし。

そりゃあ、面白いはずだ。

今の所見た、「インスタント沼」も「カメは意外と早く泳ぐも」どれもこれも素晴らしく面白い。

世の中には、素晴らしいセンスを持った人がいるもんだ。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。