超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年02月20日13:41

ご希望の働き方ができる病院・施設・企業を見つけて下さい。

映画版「20世紀少年」を見た。しかも、1~3部通して。ぶっ通した事7時間。先日、嫁と2人「すいか」のDVDを10話ぶっ続けで見たけど、そのとき以来の衝撃的に長い時間だ。別に、やる事が無くてDVDばっかり見てるんじゃあないですよ。やる事はいっぱいあるし、やらなきゃいけない事もたくさんあるのに、現実逃避の意味合いが強いままに、だらだらとDVDを見てる。と言っても間違いは少ないという状況なだけですよ。と言う事で、少し...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご希望の働き方ができる病院・施設・企業を見つけて下さい。
2011年02月20日13:41      cat  :  気分
映画版「20世紀少年」を見た。しかも、1~3部通して。ぶっ通した事7時間。先日、嫁と2人「すいか」のDVDを10話ぶっ続けで見たけど、そのとき以来の衝撃的に長い時間だ。

別に、やる事が無くてDVDばっかり見てるんじゃあないですよ。

やる事はいっぱいあるし、やらなきゃいけない事もたくさんあるのに、現実逃避の意味合いが強いままに、だらだらとDVDを見てる。と言っても間違いは少ないという状況なだけですよ。

と言う事で、少しだけ感想でも書いておこう。

以下、ネタばれもあるので、まだ「20世紀少年」を未読、未見の方や、「ともだち」の正体がカツマタ君だと知らない方はご注意くださいな。

全体として、金かかってるなぁ~。と何よりも思う。

ここ最近、いくつか映画を見てたけど、間違いなくレベルが違う。もともと、原作の規模が規模だけに、レベルが違う事は仕方が無い。ただ、金のかけ方が凄い。

ここまで金をかけられると、もう、ぶっちゃけストーリーがつまらなかろうが、破綻してようが、演技がダイコンだろうが関係なく、楽しめる。最高にエンターテイメントな映画だと思う。

「タイタニック」を「商業主義的映画は受け付けないのよね」と敬遠するような、マイノリティーを気取りたいアホ以外の人は、楽しめる映画だろう。(映画を見るにあたって、変なフィルターを通して作品を見る奴はいかがなものかと思うけれども・・・)

一言で言うなら「面白くないわけが無い」。

といった感じ。

特に、第二章(2015年の万博開催辺り)は、下手したら原作より面白いんじゃないだろうか?原作では、多分「血の大晦日」辺りが一番面白かったと思うけど、映画では、「友達の暗殺」付近が多分一番面白い。下手なハリウッド映画より、100倍ドキドキワクワクする。

そして、原作同様、「ともだち暦」に入って、だんだんグダグダになってくる。第三章は、別に見なくてもいいくらい面白くない。それでも、第二章の終盤がクソ面白いものだから「こうなったら最後まで見てやるよ」な気分になってしまう。その辺も、結構原作と同じ感じがする。

ただ、最後に、「誰だよカツマテって」で終わるかと思いきや、結末については、結構納得がいった。(それは、劇場版とは違う「もうひとつのエンディング」を見たからかも知れないけれども・・・)蛇足感丸出しの「21世紀少年」について、映画では、よりより原作より分かりやすい描写がなされていた。

つまり・・・原作においてカツマタ君の描写は、

地球防衛軍のバッチを万引きしたと疑われて(実際盗んだのはケンヂ)フクベエに「お前は死にました」と言われる

▽ ▽ ▽

小学5年生の時に死んだ

▽ ▽ ▽

実は生きていた

しかないわけで、ココから想像するしかなかった事実。

つまり、「多分、万引き野郎といじめられて、死んだ事にされている内に、登校拒否にでもなって、クラスの皆に既成事実として死んだと認識されていた。でも、生きていた」と言うストーリーの裏側に着いては、推測するしかなかった。(合ってるかどうかしらんけど)

その、カツマタ君の人生を、分かりやすく映像化してくれていた。

しかも、中学時代のケンヂにご丁寧に「世の中は何も変わらなかった」と言うセリフまで吐かせてしまっている。

あの言葉は、原作の第1話でのみ語らるだけに留めるべき代物。実は、その昼休みに流した「20世紀少年」がカツマタ君を自殺から救い、ココまで世界を変えたんだよ。と、読者目線で、ケンヂに伝える(ように、心の中で思う)からこそ深いんじゃないのか?と思ってしまった。

まぁ、分かりやすかったけど。

あと、もうひとつ。

実写ゆえに仕方が無いのだろうけど、お面を被ってる「ともだち」がどう見ても佐々木蔵之介にしか見えない。

最初っから、「ともだち」はフクベエ。以外に選択肢はなさ得なさすぎる。(原作では、よく見ればフクベエっぽいけど、そんな断言できる訳でもない。実際、初期にはどう見てもフクベエじゃないっぽい描写もあるし。)しかも、原作にあった、途中で「ともだち」の正体を一回暴くと言う山場をカットしてるもんだから、最後の最後まで「どうせ佐々木蔵之介だろ?」感漂いながら、見て行かなければいけない悲しみがある。

と、色々書いてきたけれども、全体を通して多分面白い。面白い部類に入る映画だと思う。

エンターテイメントとして見るなら。

矛盾を突き出したら、それこそ無限にある(それについては、原作どころではないので)。気にしないで、「お~」ってなって「うわ~」ってなって、「あぁ~面白かった」となる見方をすれば、面白いと思う。

なんしか、良くあんな荒唐無稽で、ダラダラと長い話を映画化したな。と感心しきりな感じ。

最後に、この映画について色々ネットサーフィンしてたら、「カツマタ君とフクベエが実は双子だった」と言う、面白い説を紹介してる人がいたので・・・ちょっと紹介(↓)

こっから飛べるよ~

この説を読んで、実は、やっぱり浦澤直樹は天才なんじゃないかと思ってしまった。

まだまだ、読み解く能力が足りないな。オレわ。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。