超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年02月16日21:44

涙を流す事が出来ればやさしい心持になれたでしょうに

何だか、袋小路の中でウロウロとしている様な・・・そんな気分ばかりしている今日この頃。一体、このオレにどうしろと(なれと)言うのだろう。結婚生活は、多分、想像以上に楽しいもので、世の中の「結婚は墓場」とのたまう皆様に、色々と尋ねてみたい事柄もあったりす。それとは別に、気がつけば、オレもアラサーと呼ばれる事も辞さない年齢になってしまった。未だに、マンガを描いて、絵を描いて、曲を書いて、ギターをかき鳴ら...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙を流す事が出来ればやさしい心持になれたでしょうに
2011年02月16日21:44      cat  :  気分
何だか、袋小路の中でウロウロとしている様な・・・そんな気分ばかりしている今日この頃。

一体、このオレにどうしろと(なれと)言うのだろう。

結婚生活は、多分、想像以上に楽しいもので、世の中の「結婚は墓場」とのたまう皆様に、色々と尋ねてみたい事柄もあったりす。

それとは別に、気がつけば、オレもアラサーと呼ばれる事も辞さない年齢になってしまった。

未だに、マンガを描いて、絵を描いて、曲を書いて、ギターをかき鳴らしている。今更、ハーモニカなんてのもやってみたりしている。さらに、仕事の延長線上でどんどんホムペ作りの技術力もあがってきてるように思う。

特に、ダメな所は無く、順調な人生を歩んでいるように思う。

なのに・・・

何だろう?この、心に引っかかる何か。

まだ姿は見えない。

でも、もう少ししたら、コイツはオレの前に立ちはだかるんだろう。

今はまだ、生きる事を楽しむ時間を続ける。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。