超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年02月13日21:10

罪とか罰とか

何と、高松で遠藤ミチロウのソロライブがある。あの。伝説のパンクロッカー遠藤ミチロウを生で見る事が出来る。と言う、凄まじい奇跡。オーケンなら絶対的に行く所だけれども、悩んでいる。場所がバーって所も悩んでいる。そんな所に行けるような人間ではないのである。それが、ライブハウスならもう少しノリノリで決断できたであろうに・・・敬愛するケラリーノ・サンドロビッチ監督の映画「罪とか罰とか」を見た。「グミチョコ」...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
罪とか罰とか
2011年02月13日21:10      cat  :  気分
何と、高松で遠藤ミチロウのソロライブがある。

あの。伝説のパンクロッカー遠藤ミチロウを生で見る事が出来る。と言う、凄まじい奇跡。オーケンなら絶対的に行く所だけれども、悩んでいる。場所がバーって所も悩んでいる。そんな所に行けるような人間ではないのである。それが、ライブハウスならもう少しノリノリで決断できたであろうに・・・

敬愛するケラリーノ・サンドロビッチ監督の映画「罪とか罰とか」を見た。

「グミチョコ」では、さすがにオーケンの世界観が強く出ていたけれども、この作品は完全にケラの世界観だ。ナイロンにも、ナゴムにも繋がる、ブラックでシュールな笑いのオンパレード。不愉快になる奴は、不愉快になるだろう。ストーリーも、理解できない奴には、まったく意味の分からないものだろう。

ただただ、最高に素晴らしかった。

ここまで、ブラックになると、むしろ清清しい。動物虐待も、児童虐待も、警察の内部汚染も何もかもが面白くてしょうがない。

そして、鳥肌が立つほど完璧に作りこまれたストーリー。

悔しいし、何だか、イラつく。けれども、名作だ。

演出も、台詞回しも、展開も、ストーリーも何もかも完璧だ。

こんな物語が作れたら、どれほど、人生ウキウキするのだろう。

あぁ~ウキウキしたい。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。