超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年02月04日23:47

あまつさえ死ぬ事など出来やしないのです

直下、顔を覗き込むと、それは高さ50mはあるだろうか。横にいたあなたは、何躊躇うでもなくそのまま飛び降りていった。50m下には、地面なんてありやしなくて、ただただ、ぽっかりと穴が開いている。穴の周りには、少しどす黒い金色のような黄土が、ぬめぬめと覆いつくしている。きっと嫌な所だ。飛び降りたあなたは、その穴の中から、なんとも深いそうに、左手だけを突き出し、そうやって、少しずつ沈んでいった。まるで、沼...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまつさえ死ぬ事など出来やしないのです
2011年02月04日23:47      cat  :  世界観
直下、顔を覗き込むと、それは高さ50mはあるだろうか。

横にいたあなたは、何躊躇うでもなくそのまま飛び降りていった。

50m下には、地面なんてありやしなくて、ただただ、ぽっかりと穴が開いている。穴の周りには、少しどす黒い金色のような黄土が、ぬめぬめと覆いつくしている。

きっと嫌な所だ。

飛び降りたあなたは、その穴の中から、なんとも深いそうに、左手だけを突き出し、そうやって、少しずつ沈んでいった。

まるで、沼のような情景。

ぽっかりと開いた穴は、ただ、誘う。

誘われるがままに、次々とあなたたちは飛び降りていく。

直下50m。

誰も死にはしない。

喜びもしない。

不意に、悲しみに包まれる。

穴の中の事をなぜか、知っていた。それは、情景を頭の中で回想するわけではなく、感覚を全身が覚えているような知っている。

さようならと呟いてみよう。

そうすれば、きっともう全てが終わる。


・・・そんな夢を見た。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。