FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2011年01月27日00:02

The まんこ

自慢します。久々に、「ぬるま湯ガリクソン」を聴いてみた。そして確信する。このアルバムの完成度は洒落にならない。素晴らしい作品だと思う。何で、このアルバムが完成した時に、駄作だと決め付けて、10枚程度しか刷らなかったんだろう。ほとんど出回ってない。でも、傑作だ。現段階では、最高傑作。そして、これを超えるような作品が今の所、作れる気がしない。「夜景情景スカトロジスト」から始まって、名曲「瓶詰めの幼女」...
この記事を見てみる  ⇒
The まんこ
2011年01月27日00:02      cat  :  気分
自慢します。

久々に、「ぬるま湯ガリクソン」を聴いてみた。

そして確信する。このアルバムの完成度は洒落にならない。素晴らしい作品だと思う。何で、このアルバムが完成した時に、駄作だと決め付けて、10枚程度しか刷らなかったんだろう。ほとんど出回ってない。でも、傑作だ。現段階では、最高傑作。そして、これを超えるような作品が今の所、作れる気がしない。

「夜景情景スカトロジスト」から始まって、名曲「瓶詰めの幼女」を経て、唯一自分の名前をタイトルに入れた「志茂田さんのプログレ」でまとめて、「2tマンボウ」で落ちる。と言う、完璧な布陣。

うぬぬぬ・・・これまで、基本的に人に「どんな音楽やってんの?」と聴かれたときには、「脛毛おうじょと巨乳じいや」を名刺代わりに渡すようにしてた。多分、この作品が一番分かりやすい作品が多いから。そして、ボーカルがオレじゃないから。

でも、実は、「ぬるま湯ガリクソン」こそ、こう言う時に配るべき作品だったのかもしれない。

と思い直した15の夜。

ちなみに、今の所の好きな作品ランキング。(↓)

1.MH信者
2.ぬるま湯ガリクソン
3.全身バター力士狭い部屋閉じ込め地獄
4.有江不尾 雄眞のレポート
5.良さ恋祭り
6.脛毛おうじょと巨乳じいや
7.影の上のボーニョ
8.永遠の向こうにある果て
9.鈍色の青空
10.オナニー遍歴


思えば、遠くに来たもんだ。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム