超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年01月24日00:06

金色のまんこについて

無限の住人の最新刊が発売になってた・・・ここ、最終章に入ってから、もうかなりの巻数が出ている。そして、どんどんと佳境に向かっている。毎回、最新刊では、終わりをヒシヒシと感じてしまう。そして、この巻では、まさかの・・・という所で、ネタばれはやめて置こう。さてさて。「紅の豚」を見た。この映画を見た男の9割くらいは、本当にカッコいいというのはこう言う事だ。と思っただろう。オレも思った。そして、この映画が...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金色のまんこについて
2011年01月24日00:06      cat  :  気分
無限の住人の最新刊が発売になってた・・・ここ、最終章に入ってから、もうかなりの巻数が出ている。そして、どんどんと佳境に向かっている。

毎回、最新刊では、終わりをヒシヒシと感じてしまう。

そして、この巻では、まさかの・・・

という所で、ネタばれはやめて置こう。

さてさて。

「紅の豚」を見た。

この映画を見た男の9割くらいは、本当にカッコいいというのはこう言う事だ。と思っただろう。オレも思った。そして、この映画が第一次世界大戦が終わり、世界恐慌の中、次第にファシズムに傾倒していくイタリアの話だったこともはじめて知った。(小学生以来、ちゃんと見てなかったもので・・・)そんな、戦争への風刺がこめられた作品だったとは・・・宮崎駿恐るべし・・・といった所か。

それはさておき、ではでは、日本人にとって一番理想的な男がポルコ・ロッソだと仮定したときに、一番理想的な女は誰なんだろう・・・と考えてみる。

ちなみに、オレがこれまでに読んだり、見たりした作品の中だけに限定して考えてみる。

んだら、意外と思い当たる人物がいない事に気がついた。

男ならいる。たくさん。好きな奴から、憧れる奴まで、もりくそいる。

でも、女・・・

昔、嫁の友達の彼氏と言う、オレからは10000億光年くらい離れた所にいるうんこ臭い奴が「おいしんぼの栗田さん」と言ってたらしいけど、まぁ、多分、そいつは頭がおかしいんだろう。あんな計算高い奴が理想なわけがない。

峰不二子みたいなのも嫌だし、しずかちゃんも虫唾が走る。レベルEのルナなんか、かなり良い感じだけど、いかんせんアウトロー過ぎるし、むげにんの凛みたいな奴もめんどくさい。弥海砂なんてもっての外だ。

と考えていった時。

見つけたのは、「へうげもの」の「おせん」。そして、このマンガに出てくる数々の女たち(茶々は除く)。

現状では、ここですごく自分の中では納得がいってる。

やはり、大和撫子に勝る理想的女などいやしない。

結論は出た。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。