超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年01月22日23:10

結局、落ち着く所は彼岸島なんだろうが。メス豚が。

今話題の「進撃の巨人」を読んだ。3巻とは言え、大人買いだ。絵が下手とか言う人がわんさかいるけど、これは下手なんじゃあないと思う。確かに、まだまだ改良の余地はあると思うけれども、マンガの画力としては、下手ではないと思う。マンガを描く。という作業に、「絵の巧さ」は必要なくて、「マンガを描く巧さ」があるんだから、それでいいじゃないか。なんせ、吸い込まれるように読んでしまうのだから。で、内容についてなんだ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結局、落ち着く所は彼岸島なんだろうが。メス豚が。
2011年01月22日23:10      cat  :  気分
今話題の「進撃の巨人」を読んだ。3巻とは言え、大人買いだ。

絵が下手とか言う人がわんさかいるけど、これは下手なんじゃあないと思う。確かに、まだまだ改良の余地はあると思うけれども、マンガの画力としては、下手ではないと思う。

マンガを描く。という作業に、「絵の巧さ」は必要なくて、「マンガを描く巧さ」があるんだから、それでいいじゃないか。なんせ、吸い込まれるように読んでしまうのだから。

で、内容についてなんだけれども、ここについては、何だか過大評価な部分があるような気がする。

何か、この「ナウシカ」の延長線上にあるようなタイプのマンガなら、もうすでに「暁星記」と言う圧倒的名作が誕生してるわけで、どうしても、「暁星記」に比べて世界観の作りこみが甘いような・・・

あと、展開があまりにも遅い。一見、スピーディーに展開してるように見えて、1巻後半から3巻まで同じ一日の同じ場所の展開と言うのは・・・これが、最終決戦と言うなら分かるけれども、まだ、序盤の何の複線も回収されてない状態のエピソードだからなぁ~

みたいな感じで、どうしても「暁星記」と比べてしまう。

あと、巨人ではないけれども、人間を食べる絶対的存在との戦いと言う点なら、我らが「彼岸島」があるじゃあないか。初期の頃の「邪鬼」の描写と、この作品の「巨人」の描写もかなり似てる。

壁の中の世界がどんどん広大になっていって、砂丘が出てきたり、火山が出てきたり、至る所の隠れた集落があったり、崖に囲まれた五重塔が出てきたししないことを願う。

いずれにせよ、ここ最近の新しいマンガとしては素晴らしいパワーを持ったマンガだと思う。

良いんだ。少年漫画は、テンションで面白ければ、展開が遅かろうが、設定がめちゃくちゃだろうが。

青年マンガで、もう十年に近く連載してて、もうギャグマンガ化した作品だったあるんだから。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。