超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2011年01月10日01:37

「千と千尋の神隠しを見て」 2年梅組 志茂田聾二

と言うわけで、先日放送された「千と千尋の神隠し」を見た。なんだかんだで、ちゃんと見たのは2回目だったりする。(これ以降の宮崎作品は1回すらちゃんと見てないけれども・・・)前に見たのは、公開当時、映画館でだったと思う。家族で・・・帰りの車の中で「意味わかった?」と言う感じの会話に花が咲いたことを覚えている。そんな感じだから、これまでちゃんと見ていなかった訳だけれども・・・この作品。驚くほどクオリティ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「千と千尋の神隠しを見て」 2年梅組 志茂田聾二
2011年01月10日01:37      cat  :  気分
と言うわけで、先日放送された「千と千尋の神隠し」を見た。

なんだかんだで、ちゃんと見たのは2回目だったりする。(これ以降の宮崎作品は1回すらちゃんと見てないけれども・・・)前に見たのは、公開当時、映画館でだったと思う。家族で・・・帰りの車の中で「意味わかった?」と言う感じの会話に花が咲いたことを覚えている。

そんな感じだから、これまでちゃんと見ていなかった訳だけれども・・・

この作品。

驚くほどクオリティーが高い。

驚くほど面白かった。

こんなに素晴らしい作品だったとは・・・と、ただただ圧倒されてしまった。

確かに、(犯罪を犯してない方の)ロリコン宮崎と揶揄されるだけあって、幼女が恥ずかしい格好で、ひどい目に合わされてしまう。お風呂屋で、汚い客の背中を流すとか、もう少ししたら、東京では見れなくなってしまうだろう。裸を連想させる描写もしっかりあるし。

でも、独りよがりだの、何の面白みもないだの好き勝手言ってる奴には、本当にそんな事を言えるほど、見る目があるのか甚だ疑問に思う程、クオリティーが高い。オレも、高校自分には、意味不明で、「宮崎はもののけ姫までだな」とか言ってたわけで、この年になって、やっと面白さが分かるようになってきた癖に、偉そうに言うアレも無いっちゃ無いけどな。

・・・ただ、面白い。完全に、子ども向けアニメではないけれども、面白い。

・・・「ねじ式」のパロディーとして。

もう、不思議の世界って・・・「めめ」って書いてたり、「目医者」がいっぱいあったり「ねじ式」の世界観じゃないか。そう思ってくると、油屋だって完全に「金太郎あめのビル」にしか見えない。上に住んでるのが、産婦人科の先生なのか、子どもを抱えた魔女なのかの違いだけだ。下手したら坊の存在も、産婦人科の先生の名残なのかも知れない。線路の上を歩く描写も、電車の描写も何もかもねじ式だ。ねじ式じゃないか。

そもそも、お風呂やと言う題材自体、つげ義春が頻繁に使う大好きなネタ。そう言えば、その中に、お風呂屋で背中を流す女の話もあったような気がしないでもない。

ちなみに、そう思って、「千と千尋の神隠し ねじ式」でググッてみた。

ふ~ん・・・

宮崎駿と対を成す二大アニメ監督の一人押井守が監督したTVアニメ「うる星やつら」にの「決死のアルバイト空間」という話があるらしい。

この話が、「ねじ式」みたいな世界観を持つ不思議空間に迷い込んだ主人公が、「あしゅら湯」と言う「金太郎あめのビル」みたいなお風呂屋で、異空間の変な生き物の背中を流すと言う話。

そっちもついでに見てみた。

こっちの方が、かなり忠実に「ねじ式」をなぞっている上に、赤い服を着た「白」そっくりの少女も出てきたりしてた訳で・・・

もはや、私は感無量なのである。

まぁ、何しか「ねじ式」を一回でも読んだ事があれば、誰でも分かる程に、面白いパロディーだと思う。「カイジ」と「ジョジョ」を熟読していないと笑えない「ハルシオンランチ」より分かりやすいと思う。

と、今更ながら「千と千尋の神隠し」について書いてみたりした。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。