超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年12月30日20:54

今、再びの夢の時間へと

くろすけ宛てに、コメントを返そうかと思ったら、スパム判定された。オレのブログで、オレがコメントに返信したのに、スパム判定された。しょうがないから、部分的に削除して、不完全な状態でコメントに残した。無念極まりないので、ここに本来の姿で載せておこう。(↓)---こっから---開通おめでとうございます。世の中、開通と言えば、まんこ開通(処女喪失とも言う)かネット開通しかありませんものね。また手紙とか、楽しみに...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、再びの夢の時間へと
2010年12月30日20:54      cat  :  気分
くろすけ宛てに、コメントを返そうかと思ったら、スパム判定された。オレのブログで、オレがコメントに返信したのに、スパム判定された。

しょうがないから、部分的に削除して、不完全な状態でコメントに残した。無念極まりないので、ここに本来の姿で載せておこう。(↓)



---こっから---


開通おめでとうございます。

世の中、開通と言えば、まんこ開通(処女喪失とも言う)かネット開通しかありませんものね。

また手紙とか、楽しみにしております。

まぁ、記事なんて大して意味ないから、流してくれて大丈夫。


---ここまで----




世の中、理不尽なことばかりだ。

さてさて。

やっとこさ、仕事納めだ。明日から、正月休みだ。今日、アイツやアイツは、忘年会らしき事をしてるらしい。俺が仕事してると言うのに・・・林め・・・

で、今年1年でも振り返ってみるか。

製作物の面から見ると、何だか、WEBデザイナーみたいな仕事をしてる分、一年中もの作りしてたような気がするけど、あんなもの、オレの感覚などほぼ入ってないから、除外だ。除外。

そうしてみると・・・(↓)

○アルバム「ぬるま湯がりくそん」の収録曲

○アルバム「影の上のボーニョ」の収録曲

○アルバム「Do Get The Star」用の新曲2曲(「建墓記念の夜に」「黄泉」)

○マンガ「君の死ぬ時間」

○マンガ「US」80ページ

○マンガ「夜誘う麦藁帽子」のネーム案

○絵本「幸せさん紀行」半分くらい

・・・あと、結婚式用のスライドショーを3本製作したか?

まぁ、そんな多くないか。

ただ、今年は、そんな中でも、かなり頑張った部分として、結婚式の披露宴だ。

嫁と2人でとは言え、あれはかなり力を注いだと思う。今年の前半、ほとんど何にももの作り出来なかったのも、式の準備に時間を費やしてたからだし。式場、内容、BGM、引き出物全てについて、ほぼ思い通り、あんまり妥協しなかったように思う。不満な部分は、自分で全部作ったし。

今年も、十分クリエイティブな1年だった事にしよう。

と言う事で、何と言っても今年最大の出来事は結婚した事だろう。

凄く良い住処を見つけ、そこで、嫁と過ごしてる。仕事は大変だけれども、それでも、これまでにない何だか充実した毎日を送ってるような気がしてる。オレが、こんな事になるとは、はたして生涯童貞だと信じ込んでいた高校生自分のオレに想像できただろうか・・・童貞を捨てるどころか、結婚までしてしまったぞ。・・・と。

この話をし始めると、原稿用紙2億枚くらい使いそうなので、ある程度で抑えておくけど。そもそも、その後に言った沖縄の新婚旅行だって、今思い出してもニヤニヤしてしまうほど、最高に楽しかったんだし・・・ウダウダウダウダウダウダウダウダ・・・で、ここまでだ。

あと・・・

小説が新人賞の優秀賞に入選したのも、ちょっとビックリしたよなぁ~。「夢喰いバクヲ」が。その後書いた「中央悲劇閲覧センター」とか「夜景情景スカトロジスト」も編集のおっちゃんに褒められたんだけど、そこまでだった。どうしても小説を書きたいモチベーションにならなくて、挙句、自然消滅だ。もう、今やどうなったのか・・・結局、単行本とか出すまでには至らなかったなぁ~。まぁ、面白い体験だったけど。

あと・・・

犬神サーカス団のワンマン参戦も最高に良かった。あんなに楽しいライブは生まれて初めて。レコ発なのに、アルバムが発売延期と言う糞ふざけた状況の中、それでもお構いなしに、がんがん聴いた事もない新曲演られても、死ぬほど楽しかった。年一で良いから、香川に来て欲しいと心底思う。

とまぁ、まだまだいっぱい書きたい事はあるものの、一つ一つが濃すぎてキリがない上に、うんこに行きたくなってきたので、この辺でやめておこう。

何しか、生まれて27年の中で一番濃い、そして、色んな経験が出来た1年だったように思う。

もうひとつ言えば、幸せな1年だったようにも思う。(部分的に、驚くほど病んでた時期もあるけれども)

そして、来年も現状が続けばなぁ~

そう思いつつ、年は明けていく。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。