超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年12月21日19:19

むさぼる褥、惰眠とともに

思うことがある。最近、チョッと見かけたとある記事の話。(ちなみ、MIXI経由で見に来ても、アホMIXI側の怠慢で、多分飛べないと思うので・・・悪しからず。)↓ただし、内容は結構グロを含むので、そこの所が無理なヤツは見なければ良いと思う。で、この記事を見たとき、素直に、中国の貧困層に対して同情したかと言うと、そこはそうでもない。可哀想だとは、思っても、そこはそれ、国をあげて頭の悪いあの国に対して、もうそんな...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むさぼる褥、惰眠とともに
2010年12月21日19:19      cat  :  気分
思うことがある。

最近、チョッと見かけたとある記事の話。(ちなみ、MIXI経由で見に来ても、アホMIXI側の怠慢で、多分飛べないと思うので・・・悪しからず。)



ただし、内容は結構グロを含むので、そこの所が無理なヤツは見なければ良いと思う。

で、この記事を見たとき、素直に、中国の貧困層に対して同情したかと言うと、そこはそうでもない。可哀想だとは、思っても、そこはそれ、国をあげて頭の悪いあの国に対して、もうそんな事思えるはずもない。あぁそう…位のもんだ。

ただ、例えば、自分の親い人が、頭皮が腐り落ち、頭蓋骨がなくなり、脳組織が露出、壊死して、機能不全となり、悪臭を放ちながらそれでも生きていたとしたら・・・

そんな事ばかりが頭をよぎる。

そうなった時、もう死んでしまって欲しいと願うのか、それでも少しでも長く生きていて欲しいと願うのか。自分がこの立場になった時、早く殺して欲しいと願うのか、それとも少しでも長く生きようともがくのか。

いずれにせよ、それは圧倒的懇願。

生きている事、生きていてくれる事が当たり前にあるこの生活の中において、ふと昔、本気で死のうとしていた時、生まれてきた事を後悔した時、何かしら命を壊してしまいたかった時の心持を何だか、思い出してしまった。

と言う事実。

皆既月食の夜に綴る。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。