超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年12月04日23:09

夜が終わっちまう前に

夢を見て、悲しみにくれて、恐怖に怯えて、そうやって、気が付けば、そんな事すらも分からなくなるほどに脳が疲弊していた。そんな時間をもう、随分と長く過ごしていたような感覚に陥っていた。実は、1週間。と言う。一日18時間労働を何日も続けた結果がこれだ。生きていく事は、ココまで苦しみに満ちていたとは・・・語弊がある。自分の力で生きていく事は。だ。記憶は、余り残っていない。恐ろしく長い時間が流れた感覚だけが...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜が終わっちまう前に
2010年12月04日23:09      cat  :  気分
夢を見て、悲しみにくれて、恐怖に怯えて、そうやって、気が付けば、そんな事すらも分からなくなるほどに脳が疲弊していた。そんな時間をもう、随分と長く過ごしていたような感覚に陥っていた。

実は、1週間。と言う。

一日18時間労働を何日も続けた結果がこれだ。

生きていく事は、ココまで苦しみに満ちていたとは・・・語弊がある。自分の力で生きていく事は。だ。

記憶は、余り残っていない。

恐ろしく長い時間が流れた感覚だけが残ってる。

今になって思う事は、何も無い。

空っぽの1週間。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。