超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年11月03日21:06

車田正美

頭の中からはみ出してくるイメージがことごとく穏やかになっていく。何だか、前みたいに狂気じみたものも、チョッとおかしいものも出てこない。無理して、そんなものを出そうとすれば、それはそれで違和感を感じてしまうものが出来上がってしまう。今、絶賛ノリノリで描いている「アス」と言う物語がある。それ自体は、実は高校生の時に書き始めたもので、気が付けば10年以上の時間が経ってしまった。ページも2000ページを超...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車田正美
2010年11月03日21:06      cat  :  気分
頭の中からはみ出してくるイメージがことごとく穏やかになっていく。何だか、前みたいに狂気じみたものも、チョッとおかしいものも出てこない。無理して、そんなものを出そうとすれば、それはそれで違和感を感じてしまうものが出来上がってしまう。

今、絶賛ノリノリで描いている「アス」と言う物語がある。それ自体は、実は高校生の時に書き始めたもので、気が付けば10年以上の時間が経ってしまった。ページも2000ページを超えて、やっと終息に向かい始めた事を感じている。

もちろん、この物語自体には、かつての狂気じみたネガティブな悪意がいたるところにふんだんに散りばめられているわけで、今、続きを書くとしても、その影響を意識して描いていたりする。ただ、どうしたって、最近浮かんでくるイメージが穏やかなもので、全体として、何だか混沌としてしまっていると言う事実があったりする訳でもある。その結果として、全体的に、コレまでに無いような感じに仕上がってきている。ある意味、奇跡的に変なクオリティーで。

今後、「アス」を完結させた後、次の新作を製作し始めたとしても、もうこの現象が起こる事は無いだろうから、きっと、この物語は奇跡の物語になりそうな気がする。

とは言え、まだ終息に向かい始めたばかり。

きれいな形で完結を迎えるのは、まだ数年先の事だとは思う。

今出来る事は、一日に1ページでも良いから、ノートを絵で埋めていく事。

そうやって、今までも、これからも生きていくんだと思う。

そうそう。そう言えば、最近書き溜めた作品を、また四季賞に投稿した。前回、クワニータは、かすりもしなかったけれども、今になれば、今回の方が絶対良いのが描けたと思うし、そうやって、同じ事を繰り返していけば、いつか良い結果が出るかも知れない。

あくまでも、描く事が好きなんだから、それ以上のことは、人生のおまけ。

そうやって、今を生きていけば良いんだよ。ワトソン君。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。