超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年09月12日10:51

サテライトビューバンズ

死にかけてしまう…だろう9月もいよいよ山場。今の段階で、もう疲労は結構なものな訳で、果たしてあと1週間チョッと乗りきれるだろうか…そんな感じ。そして、今日は前写しの日と言う。それはともかく、先日の「東京怪童」にかこつけて、ついでに「万祝」も全巻揃えて読んでみた。例えば、同じ海賊漫画として「ワンピース」を100とすれば、「万祝」は多分、2億位だろう。それ位に面白かった。物語は、大風呂敷を広げすぎてはいけ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サテライトビューバンズ
2010年09月12日10:51      cat  :  気分
死にかけてしまう…だろう9月もいよいよ山場。今の段階で、もう疲労は結構なものな訳で、果たしてあと1週間チョッと乗りきれるだろうか…

そんな感じ。

そして、今日は前写しの日と言う。

それはともかく、先日の「東京怪童」にかこつけて、ついでに「万祝」も全巻揃えて読んでみた。

例えば、同じ海賊漫画として「ワンピース」を100とすれば、「万祝」は多分、2億位だろう。それ位に面白かった。

物語は、大風呂敷を広げすぎてはいけないと思う。

「デビルマン」に対する「バスタード」であり、「万祝」に対する「ワンピース」と言うわけだ。多分な。

この先、「ワンピース」が100巻を越えて、全ての伏線を回収して、キレイに終わったとしても、構成力含めたマンガとしての完成度では、「万祝」には勝てないだろう。(もちろんそうなれば「ワンピース」が稀代の名作になるのは間違いないとしても…)

だって、10巻ちょいで、仲間見つけてラフテル行って、ワンピースの謎を解いて、命の神秘や世界情勢まで絡めた伏線を全て回収して、おまけにチョッとホロッとしたままキレイに終わる「ワンピース」を想像してほしい。

それは、あまりにも名作過ぎるだろうて。

それが「万祝」だ。

今まで、読んだことなかったことを後悔。そして、素晴らしい作品に感動した。

ついでに、つの丸の「サバイビー」も読んだ。あんな面白い打ち切りマンガもなかなか無い。ジャンプでなければ、大名作になっただろう事は間違いない。

2作品とも、(と並べるには「万祝」のレベルが高すぎるけど)素晴らしい作品には違い無い…と言うことで。

「バオー来訪者」「スーパービックリマン」「男坂」「ねじめくん」「ゾンビパウダー」「ガンブレイズウエスト」「武士沢レシーブ」などに並ぶ名作かと…

ほぼジャンプですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。