超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年09月05日00:23

田んぼの蛙はもう消えた

この世界には、まだまだ素晴らしいものが沢山ある。そうして、逆に、自分の知っている事が、どこまでも狭い範囲であると言う事に愕然としつつ、それは、楽しみで仕方の無い事実だと思う。音楽は、筋肉少女帯と犬神サーカス団をもう、リアルに神ほども崇拝している。でも、それこそ、クラシックから、圧倒的な名曲はどこまでも数多く存在し、そして、これからも驚くような名曲に出逢えるだろう。今後、一切音楽が作られなくなったと...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田んぼの蛙はもう消えた
2010年09月05日00:23      cat  :  気分
この世界には、まだまだ素晴らしいものが沢山ある。

そうして、逆に、自分の知っている事が、どこまでも狭い範囲であると言う事に愕然としつつ、それは、楽しみで仕方の無い事実だと思う。

音楽は、筋肉少女帯と犬神サーカス団をもう、リアルに神ほども崇拝している。でも、それこそ、クラシックから、圧倒的な名曲はどこまでも数多く存在し、そして、これからも驚くような名曲に出逢えるだろう。今後、一切音楽が作られなくなったとしても、多分オレの人生だけでは、全ての名曲を一聴する事さえ出来ない。

そして、それは、音楽ひとつに限った事ではない。

この世は、数限りない楽しみに彩られている。

ふと考える。

その彩りが全て消えてしまった世界を。

それでもキッと人間は生きていくだろう。スーパープルーム現象でもおきない限りは、生きていくだろう。

その世界を創造してみる。

その世界は、次回のマンガのネタにしようと思っているので、これ以上は描かない。

タイトルは「夜誘う麦藁帽子」。だ。

と、今決めた。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。