超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年07月02日22:42

武器なら持ってる 教えない

予期せぬ悲しみとやらが全身を包むような事があるとする。それはいつか、キッとある事であるとする。そんな時、果たして何をするべきであるのか。そう考えたとき、それはもう、戦うしかないだろうと思う。思うしかないだろうと思う。「暁の戦力外部隊」を聞くと、目頭が熱くなってくる。生まれたときから、戦力外通告されて、それでもなお、何のためかも分からないまま、戦う事を余儀なくされた役立たずたちの競演を頭の中で想像す...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武器なら持ってる 教えない
2010年07月02日22:42      cat  :  気分
予期せぬ悲しみとやらが全身を包むような事があるとする。

それはいつか、キッとある事であるとする。

そんな時、果たして何をするべきであるのか。そう考えたとき、それはもう、戦うしかないだろうと思う。思うしかないだろうと思う。

「暁の戦力外部隊」を聞くと、目頭が熱くなってくる。

生まれたときから、戦力外通告されて、それでもなお、何のためかも分からないまま、戦う事を余儀なくされた役立たずたちの競演を頭の中で想像するに、コレが涙せずに居られようか。

キッと彼らは、お互いの顔を見ながら、苦笑いをして、戦場で散っていくんだろう。

「つくづくオレ達は、ダメ人間だよな」と言う苦笑い。

元々ダメなものだから、キッと戦場でも凄く間抜けな失敗をしては、次々と死んでいくんだろう。それでも、もう逃げる場所も無く、逃げる意味も無く、立ち向かっていくしかない。なぜなら、生まれたときから、戦力外通告を受けてしまったから・・・

考えうるに、こんな物語がこの世にあるだろうか。

マンガにでも使用ものなら、凄い長編が描ける予感がする。

横並びだぜ。戦力外部隊。

「ベティーブルー」「生きてあげようかな」に匹敵する超名曲だな。

そして、全部おいちゃんの曲と言う・・・

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。