超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年06月13日12:02

悲しみの絶望詩集より抜粋

次々と小説を書いている今日この頃。とは言え、ここ数ヵ月で2作完成しただけと言う体たらくぶりではあったりする。マァ、元々小説など書いたこともないんだから、よくやってる方だと自分ではしっかり思ってやろう。「夜景情景スカトロジスト」と「遊星屠殺ワンダー」。どちらも、ビックリするほど残酷で、どす黒い話だと。思うに、頭の中にはありながら漫画として絵にする事も台本として人に演じさせる事も戸惑っていた、本来のど...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲しみの絶望詩集より抜粋
2010年06月13日12:02      cat  :  気分
次々と小説を書いている今日この頃。

とは言え、ここ数ヵ月で2作完成しただけと言う体たらくぶりではあったりする。

マァ、元々小説など書いたこともないんだから、よくやってる方だと自分ではしっかり思ってやろう。「夜景情景スカトロジスト」と「遊星屠殺ワンダー」。どちらも、ビックリするほど残酷で、どす黒い話だと。
思うに、頭の中にはありながら漫画として絵にする事も台本として人に演じさせる事も戸惑っていた、本来のどす黒い部分を惜しげもなく出してきた様な気はする。

そう言う意味では、一番近いのは歌詞だと思う(特に自分で歌うときの)。歌詞の中で表現してきたものが、字数の制限を取っ払った事でより自由に、リアルになった感じかもしれない。次に書こうと思っている話も、三年前のアルバム「オナニー遍歴」収録の「中央悲劇閲覧センター」。それを当時、歌詞の中で表現しきれなかった部分を補足しながら完全版として、蘇らせてやりたいと…もうひとつ。ここ数年で一番の自信作な「るりゑ」を三度目のリメイク。

今、作ってるアルバム用の曲の中からも、「小児麻痺と青空の世界」や「さよならとだけ呟いて意のままにあなたを殺します」辺りをいつか形にしたい。「永遠の向こうにある果て」もか…

どす黒い妄想は際限なく広がっていく。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。