超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年04月27日20:56

移ろう世界に隠れ漂う

先日、弟が面白いゲームとはコレ如何に?と言う話を、ツラツラとブログに書いてたので、それをオレもパクッて見る。それは、昔はやった「バトン」とはまた違う趣のある好意なのである。と言うわけで、うんうん考えてみた結果を、よく分からん個人的なジャンル分けと共にお送りしよう。ある種の事業仕分けだ。・・・違うか。○ストーリーの面白さ・王道。ホント、コレまでの名作ゲームの良いトコ取りをしているだけ感も否めないけれ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移ろう世界に隠れ漂う
2010年04月27日20:56      cat  :  気分
先日、弟が面白いゲームとはコレ如何に?と言う話を、ツラツラとブログに書いてたので、それをオレもパクッて見る。それは、昔はやった「バトン」とはまた違う趣のある好意なのである。

と言うわけで、うんうん考えてみた結果を、よく分からん個人的なジャンル分けと共にお送りしよう。ある種の事業仕分けだ。・・・違うか。


○ストーリーの面白さ

・王道。ホント、コレまでの名作ゲームの良いトコ取りをしているだけ感も否めないけれども、それで居ても圧倒的な面白さ。「きん肉マン」から「ドラゴンボール」までの王道マンガの良いところを凝縮したワンピースみたいなものか・・・いやキッとそれ以上だと思う。

「グランディア」


・もうひとつ。作品としての、物語の完成度では、他を寄せ付けない圧倒的完成度。裏にある隠れた背景など鑑みれば、そこにもうひとつの世界がそこに存在しているとしか思えない。未だ、やればやるほど新しい発見をする事が出来る傑作。

「ロマンシングサガ2」


○システム的な面白さ

・「モンスターを仲間にする」と言う、画期的なアイデアにさらに博打性まで加味した事で、永久に楽しむ事が出来るシステムにまで昇華した、圧倒的傑作。ストーリーもさる事ながら、ココまで、単純に先頭を楽しめると言う画期的な手法は、いまだにコレを超えるものの存在を許しては居ない。

「ドラゴンクエスト5」


・職業システムの完成系。ジョブとアビリティの組み合わせ次第で、楽しみ方は無限大。超低レベルクリアを一とした、やり込みと言う楽しみ方で、このゲームを超える作品など後にも先にも存在するはずのない絶対的名作。

「ファイナルファンタジー5」


○キャラクターの素敵さ


・コレまで登場したどのキャラクターよりも男らしく、人間味溢れた「カエル」をはじめ、それぞれに素敵なキャラクターが満載。そしてそれぞれのキャラクターのテーマ曲が大名曲と言う名作。


「クロノトリガー」


○神曲ゲーム


・各ゲームにひとつあれば満足できるような神曲が、当たり前のように垂れ流されている名作。ストーリー、システムの奇抜さも、キャラクターの素晴らしさも、全てを限界まで昇華させているのは、間違いなく、ゲームを彩る神曲の存在だと思う。

「ロマンシングサガ」


とココまで書いてて、この先キッと似たようなゲームばっかり出てくるような気がメキメキとしてきたので、この辺でやめておきます。

要するに、昔のロープレには名作が多い・・・とそう言う話なんですな。

猫かと思ってよく見りゃパン。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。