FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2010年04月18日17:19

起承夢喰いバクヲ絵巻の端末へ

夢があった。夢は夢だから捨てなさいと言われた。現実を見なさいと言われた。その時の、どうしようもない憤りの気持ちを誰かにぶつけたくて、でも、その気持ちをぶつける方法を知らなくて、曲を書いた。「夢喰いバクヲ」と言うタイトルの曲。その曲の構想はどんどん広がっていき、いつしかひとつのアルバムとなった。そのアルバムの世界観を、ただ、加筆することなく物語として表現してみたものが、小説版「夢喰いバクヲ」。1ヶ月...
この記事を見てみる  ⇒
起承夢喰いバクヲ絵巻の端末へ
2010年04月18日17:19      cat  :  気分
夢があった。

夢は夢だから捨てなさいと言われた。

現実を見なさいと言われた。

その時の、どうしようもない憤りの気持ちを誰かにぶつけたくて、でも、その気持ちをぶつける方法を知らなくて、曲を書いた。「夢喰いバクヲ」と言うタイトルの曲。

その曲の構想はどんどん広がっていき、いつしかひとつのアルバムとなった。

そのアルバムの世界観を、ただ、加筆することなく物語として表現してみたものが、小説版「夢喰いバクヲ」。

1ヶ月くらい前になるのか・・・?

その小説を、とある出版社に応募してみたところ、「3月度の選考で優秀賞に引っかかった・・・」と言う連絡と、「本として出版してみないか」と言う話と、「1冊にするには、ページが短いので他に何作か短編を書いてくれ」と言う依頼と、「本を出版するための費用の一部を負担してくれ」と言う願いがそれからの時間で、オレの所に舞い込んできた。

夢が、ある意味の形で叶うかもしれない。

夢を捨てなさいを言われた事への憤りが、変な形で実を結ぶかもしれない・・・と言うお話。

ただ、こんな事を言っちゃったら何だけれども、チョッと怪しいと思う部分がある事も事実。それは「金がかかる」と言う部分。

出来れば、本当に選考の中で残ったのだと信じながら、取り合えず、いくつかの新作小説を書いてみる。どちらにしろ、プロの編集さんに見てもらえて、その意見を聞くことが出来る状態にはあるのだから、それはそれで、何だか素敵な事だと思ってる。

「バクマン」風に言えば、「キープ」ぐらいにでもなる事が出来れば・・・

と思ってる。

そんなあやふやな悩みの話をココで一言だけ・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム