超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2010年01月22日18:44

夕暮れのひと時にただあなたを思う

最近、「オアシズ」の大久保さんの異常性欲のネタに異常に共感してしまうものです。「誰も共感してくれない」と言う事に共感してしまうと言う、不思議なパラドックス。1日16時間以上まんこの事を考えています。寝ても覚めてもエロい事ばっかり考えています。嫁に対して、何にも不満を持ってはいないのだけれども、ひとつだけ不満があるとすれば、オレの性欲についてこれない事。とは言え、引かないで相手にしてくれているだけで...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕暮れのひと時にただあなたを思う
2010年01月22日18:44      cat  :  気分
最近、「オアシズ」の大久保さんの異常性欲のネタに異常に共感してしまうものです。

「誰も共感してくれない」と言う事に共感してしまうと言う、不思議なパラドックス。

1日16時間以上まんこの事を考えています。寝ても覚めてもエロい事ばっかり考えています。

嫁に対して、何にも不満を持ってはいないのだけれども、ひとつだけ不満があるとすれば、オレの性欲についてこれない事。とは言え、引かないで相手にしてくれているだけでも良いヤツだと思う事にする。果たして、この世の女の何パーセントが、オレのシツコい下ネタについてきてくれる事やら・・・

さてさて。

ここ最近読んだ絵本で一番好きだったのは間違いなくエドワード・ゴーリーの「おぞましい二人」だと思う。(↓)

おぞましい2人

一応、こんな本。確か去年の1月頃に書いたような気がする。

この本には、匹敵しないものの、嫁とダラダラ立ち読みして、2人とも泣いてしまい、そのままお買い上げしてしまった本がこのですよ。(↓)
待ってる
多くは語らないので、ぜひ一度読んでみてほしい。

特になんという話ではない。絵はなかなかな素晴らしいけど、内容はただ淡々と、当たり前の事実が書かれてあるだけの絵本。ただ、当たり前である事が、長の人生生きていけば生くほど心の中に何か引っかかる。言葉もほとんどない。それでも、その言葉ひとつひとつが、人生の何かを揺り起こしてくれる。

気が付けば、何だかウルウルしていた。

言ってしまえば、ずるい絵本だと思う。

でも、そこに気が付いた発想は素晴らしいと思う。

んで、まんまとその思惑にはめられてしまって泣いてしまった2人が居て、その2人が払ったお金が、作者の元へと返っていく。

それこそが、人生だと最近志茂田さんは思うわけで、そう言う話をすると、歳をとったなと言われる。

どんどん丸くなり続け、いつしか気が付けば、凄く水切りがしやすくなってるんだろう。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。