超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年12月06日01:00

ただ意味も無く無残なあなたへ

DA PUMPのKENが脱退したそうで。どうでも良いです。コレでメンバーが9人から8人になったそうで。どうでも良いです。・・・って言うか、9人もいたのか!!ついでに、候補生、練習生を入れると48人もいたそうで。どうでも良いです。・・・ごめんなさい。それは嘘です・・・それは皆大好きAKBです。さてさて。仕事場の近くの駅前広場には、「エコが何ぼのもんじゃい」と言わんばかりにがんがんのクリスマスイルミネーションが...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただ意味も無く無残なあなたへ
2009年12月06日01:00      cat  :  気分
DA PUMPのKENが脱退したそうで。

どうでも良いです。

コレでメンバーが9人から8人になったそうで。

どうでも良いです。・・・って言うか、9人もいたのか!!

ついでに、候補生、練習生を入れると48人もいたそうで。

どうでも良いです。・・・ごめんなさい。それは嘘です・・・それは皆大好きAKBです。

さてさて。

仕事場の近くの駅前広場には、「エコが何ぼのもんじゃい」と言わんばかりにがんがんのクリスマスイルミネーションが、クラクラする程に輝いている。仕事帰りには、そいつを横目に見ながら帰ってくる。

クリスマスのイルミネーション・・・学生時代から何となく嫌い。

何だか強制されているかのような不快感がある。アレは、クリスマスを俗世間の人間に強制するために存在している。そんなヤツに言われなくても、クリスマスな気分になった時には、自分の力でクリスマスする。毎年嫁と素敵なクリスマスだって過ごしてる。

人から強制された幸福。

嫌いだ嫌いだと思ってたイルミネーション。

今日、不意に会社の昼休み、その駅前広場に行ってみた。イルミネーションの正体は当たり前か、数え切れない電球で、光ってないそれは、無残にコードでぐるぐる巻きにされたただのオブジェだった。

強制される幸福の裏にある、無残な姿のオブジェ。

少しだけ、クリスマスのイルミネーションが好きになった。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。