超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2009年11月19日23:29

君のまんこは君が思っている以上に臭いんだよ

死ぬ夢を見た。なぜか、首吊り台に連行され、そのまま自ら首を吊って死ぬ。・・・そんな夢。不思議な事は、「首を吊って死ぬ」とは、こう言う感覚なんだと言う事を実にリアルに体験したような気がした点かと・・・首を輪っかに通して台を外すと、はじめモノ凄い苦しい。「あががが・・・」ってなるんだけど、その内その苦しさが段々なくなってくる。それは、気持ちがいい感じではなくて、凄い睡魔に襲われて、コテッと寝てしまうよ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君のまんこは君が思っている以上に臭いんだよ
2009年11月19日23:29      cat  :  気分
死ぬ夢を見た。

なぜか、首吊り台に連行され、そのまま自ら首を吊って死ぬ。・・・そんな夢。

不思議な事は、「首を吊って死ぬ」とは、こう言う感覚なんだと言う事を実にリアルに体験したような気がした点かと・・・

首を輪っかに通して台を外すと、はじめモノ凄い苦しい。「あががが・・・」ってなるんだけど、その内その苦しさが段々なくなってくる。それは、気持ちがいい感じではなくて、凄い睡魔に襲われて、コテッと寝てしまうような感じ。

ふわ~っと眠ってしまうと、次の瞬間には、日常に戻ってる。

でも、もう誰もオレの事なんか相手にもしてくれない。

と言うか、見えて無いんだろう。

死ぬ事よりも、死んだ後。その感覚が永遠的に続く事の方が辛かった。

そんな夢。

死ぬ間際。オレは、なぜかその首吊り台まで一緒に来てた弟に、財布を渡して「死んだらもう金は要らないから、それは全部やる。何か旨いものでも食べたらええわ。」と言ってた。

こんなに気持ちのいい「死ぬ夢」をはじめて見た。

ついでに、こんなに鮮明に記憶に残ってる「死ぬ夢」ってのも、凄い久しぶりだと思う。

関連記事
スポンサーサイト
その夢なんかいいアイデアが浮かぶかもしれませんね。詩とか。

おっぱい。
[ 2009/11/24 20:07 ] [ 編集 ]
>胃の筋肉 さん
良いアイデアになると思う。

と言うか、オレの書いてるものとか9割が夢とか妄想から出来てるので・・・

おっぱい。
[ 2009/11/24 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。