FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2009年11月17日23:08

虚空へのプレリュード

演劇の演出中、「そこで『オラ東京さ行くだ』を口ずさんで」と言うと、『それは何ですか?」って言われた。・・・コレが俗に言う、ジェネレーションギャップか・・・しなびたおっさんの言う事は、時としてピチピチの女子高生には通じない。うぬぬぬ・・・車田マンガを沢山読んでる今日この頃。遂に「男坂」を読んだ。最終ページの「未完」の字が有名なこの作品。読んでみての感想は、面白い!!だった。・・・意外にもただ、それま...
この記事を見てみる  ⇒
虚空へのプレリュード
2009年11月17日23:08      cat  :  気分
演劇の演出中、「そこで『オラ東京さ行くだ』を口ずさんで」と言うと、『それは何ですか?」って言われた。

・・・コレが俗に言う、ジェネレーションギャップか・・・

しなびたおっさんの言う事は、時としてピチピチの女子高生には通じない。

うぬぬぬ・・・

車田マンガを沢山読んでる今日この頃。遂に「男坂」を読んだ。最終ページの「未完」の字が有名なこの作品。

読んでみての感想は、面白い!!だった。・・・意外にも

ただ、それまでの「リンかけ」や「小次郎」みたいな車田的な面白さじゃなくて、純粋なマンガとしての面白さ。「男一匹ガキ大将」の劣化コピーと言ったところか。

車田マンガらしからぬ、しっかりと作りこまれた複線の入り組んだストーリーは、構想10年(多分嘘だけろうけど・・・)と言っても納得するような・・・しないような・・・多分「男一匹ガキ大将」を読んで「ア~オレもこういうマンガ描きたいなぁ~」って思ってから10年なんだろう。

惜しむらくは80年代のジャンプだったと言う事。

コレが別の雑誌か、もう少し後の年代のジャンプだったら、かなり面白かったのかも知れない。(ただし、設定自体は80年代なので、後の世代のジャンプで受け入れられたかは若干微妙・・・)

当時の素直な少年、少女にはこの入り組んだ物語は受け入れがたかったんだろうな。

面白いのに凄い残念・・・

それに、学園忍者モノだったはずが、気が付けば4千年に及ぶ戦争に発展してたりする(それも月で)荒唐無稽な作風のマンガ屋さんだ。オレなんかが想像も出来ないような、圧倒的な物語がこの後にもあっただろう事を考えるとホント残念無念。

ジャンプって馬鹿だと思う。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム